ジョニー・デップ、経費削減のためにエージェントを解雇?

ジョニー・デップが経費削減のために自身のエージェントを解雇したと報じられている。

最新ニュース
ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
ジョニー・デップが経費削減のために自身のエージェントを解雇したと報じられている。

昨年10月に長年一緒に仕事をしてきた「UTA」のトレイシー・ジェイコブスを解雇し、手数料の低い「UTA」のライバル会社「CAA」と新たな契約を交わしたのだという。

ある関係者は「New York Post」紙ページ・シックス欄に「デップはジェイコブスと『UTA』に手数料をこれ以上払いたくないと話をしました。しかし彼らはそれを受け入れませんでしたけどね」とコメントする。

その一方で「CAA」はジョニーが同社と契約を交わした際、先日には過去に会計を担当していた「TMG」(ザ・マネジメント・グループ)法廷争いの中でその浪費癖が注目されていたジョニーの経済状況について、理解を示した対応をしたとも言われている。

また別の関係者は、実際のところジョニーは金銭面が理由ではなく、変化が必要だと感じたためにエージェントを変えたと話している。「ジョニーはトレイシー・ジェイコブスとずっと仕事をしていましたので、2人の関係は自然と行き詰っていたんです。そのためジョニーは変化を求めていたんですよ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top