テイラー・スウィフト、今年“最初で最後”のコンサートはプレ・スーパーボウル

テイラー・スウィフトが、4日(現地時間)「プレ・スーパーボウル・ショー」を行った。

最新ニュース
テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
テイラー・スウィフトが、4日(現地時間)「プレ・スーパーボウル・ショー」を行った。

「Billboard」によると、テイラーは「ヴェルサーチ(Versace)」の黒のミニドレスで脚線美を主張したいで立ちで、9,000人のファンを前に、17曲を歌ったという。この日のショーは、テイラーにしては珍しく、衣装替えもほぼなく、特別ゲストの出演もないまま音楽だけにフォーカスしたものとなった。

新旧の17曲の中で初披露となったのは、「Little Big Town」に提供した「Better Man」とゼイン・マリクとのデュエットソングで『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の挿入歌「I Don’t Wanna Live Forever」のアコースティックバージョン。「ゼインが来ていると思って欲しくないわ。だって、来てないもの。みんなのスマホが舞台に向けて上がったのが見えるけど、ここにいるのは私だけ。ごめんね!」とお茶目にゼインの出演はないことを断るテイラー。しかしファンは気にしていない様子で、最後はみんなで熱唱する盛り上がりを見せた。

2015年の「The 1989 World Tour」以降、2016年はショーイベントは1回きりと、ショーから遠ざかっているテイラーだが、この日ファンにとっては残念なお知らせが…。「2017年のショーは1回だけなの。私が知る限り、今日のこのショーがその1回よ。だから今夜ここに来てくれたみんなは、今年行われるショーの100パーセントに参加しているってこと。本当にありがとう!」と発表。このショーが今年の最初で最後のショーだということが明かされた。予定が変わることを期待したい。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top