【インタビュー】小日向文世×深津絵里 過酷なサバイバルの中で育んだ幸せな夫婦の愛!

「この映画、奥さんが誰を演じるかで雰囲気が完全に変わっちゃう。これ、いったい誰が演じるんだろう…?」――。小日向文世は、脚本を最初に読んだとき…

最新ニュース
小日向文世×深津絵里『サバイバルファミリー』/photo:You Ishii
  • 小日向文世×深津絵里『サバイバルファミリー』/photo:You Ishii
  • 小日向文世『サバイバルファミリー』/photo:You Ishii
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
  • 深津絵里『サバイバルファミリー』/photo:You Ishii
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
  • 小日向文世×深津絵里『サバイバルファミリー』/photo:You Ishii
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
本作のストーリー上の重要なポイントと言えるのが、電力の供給が止まる――すなわち停電状態というだけでなく、電池を使用する全ての機器が使えなくなるという点。つまり、スマホやパソコン、ラジオ(そもそも、電源が入ってもネットが使えないし、放送もないが…)はもちろん、懐中電灯、燃料はガソリンでもバッテリーに電気を使用する自動車など、ありとあらゆる文明の利器が使用できない、江戸時代のような状態に戻るということ。

そうなると、何でもスマホで検索してきた現代人は弱い! 男性、一家の大黒柱の父親と言えども、すでに若い頃から当たり前のようにモノがあふれている社会で育ってきた者たちは、なす術もない…。小日向さんは「こんなとき、男はダメですよ! 絶対に女性の方が頼りになります!」と自信満々に(?)断言する。

「男はついついプライドが邪魔して、偉そうな態度をとっちゃうかもしれないけど、プライドを捨てて、まず何より家族を守らないと! 少なくとも『俺についてこい!』なんて姿勢じゃダメですね」。

深津さんは「まずは水と体温の確保です」とシビアに語り、今回の撮影を通じてサバイバルを疑似体験してみての教訓をこう語る。

「直面してみないと分からないことが多いんだなと改めて思いました。例えば、冬の川はこんなに冷たいのか! とか(苦笑)。結局、何日こういう状況が続くか分からず、治安だってどんどん悪くなる中で『これがあれば大丈夫』『これがあれば生き残れる』なんて答えがあるわけじゃないんですよね。むしろ、『何があるか分からない』という心構えと想像力が大事なんだと実感しました」。

2人が共演するのは三谷幸喜監督の『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』に続き3作目だが、ここまでガッチリと向き合ったのは初めて。改めて、夫婦として過酷な状況の中で生活を共にしての感想は? 深津さんは「天才」という言葉で小日向さんの凄さを語る。

「私が言うのもおこがましいですが、日本の俳優さんにはなかなかいないタイプの方だと思います。どんなシーンでも『演じる』という勢いとか、構えとかが一切なく、ヒョイと演じられるんです。こんな普通のダメな男の人を当たり前に、いとも簡単にできるって、本当にすごいことなんですよ。本当に天才です」。

小日向さんは、その言葉に「やっぱり僕の中に、そういう要素がゴッソリとあるのを矢口さんは見抜いてたのかな?」と冗談めかしつつ、深津さんとの共演について「ホントに素敵でしたぁ…(笑)」と夢見心地の表情。その言葉は、共演者としての感想というよりは、いちファンのよう!

「僕ね、深津さんとはこんな風に深い関係で共演する機会はないんじゃないかな…と思ってたんです。こんなミステリアスな女性が僕の相手役になるはずないって。それがこうして叶って…ラッキーです(笑)。今回、夫婦としては少し、距離があるんですが、一度だけ、手を握るシーンがあるんですけど…いやぁ、嬉しかったなぁ(笑)。『悪人』で見たあの深津さんが僕の隣に…。『真田丸』で鈴木京香さん、竹内結子さんが僕(=秀吉)の正妻と側室を演じてくださったときも『あぁ、この2人で本当によかった!』と思ったんですけど、今回も、深津さんがお相手で本当に幸せでした! ホントに最近、僕の俳優人生、ラッキーだなぁって(笑)」。
《text:Naoki Kurozu/photo:You Ishii》

関連ニュース

特集

page top