『ワンダーウーマン』は現代女性が憧れる存在! DCエンターテインメント女性社長が自信のアピール

『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ』の日本公開を記念し3月2日(木)、両作品を放つDCエンターテインメント社長のダイアン・ネルソン氏、DCエンターテインメント発行人の…

最新ニュース レポート
高橋雅美&ダイアン・ネルソン&ジム・リー/DCエンターテインメントプレゼンテーション
  • 高橋雅美&ダイアン・ネルソン&ジム・リー/DCエンターテインメントプレゼンテーション
  • ダイアン・ネルソン/DCエンターテインメントプレゼンテーション
  • ジム・リー/DCエンターテインメントプレゼンテーション
  • 高橋雅美&ダイアン・ネルソン&ジム・リー/DCエンターテインメントプレゼンテーション
『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ』の日本公開を記念し3月2日(木)、両作品を放つDCエンターテインメント社長のダイアン・ネルソン氏、DCエンターテインメント発行人のジム・リー氏が来日し、都内でプレゼンテーションを行った。

DCエンターテインメントは昨年大ヒットを記録した『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』といった映画事業に加えて、ドラマやテレビアニメ、ゲームや関連グッズなどを総合的に手がけるアメコミ界の一大ブランド。2017年は渾身の新作2タイトルが相次いで公開されるとあって、重要な海外マーケットの1つである日本で、世界初となるプレゼンテーションの機会を設けた。

「日本市場においては、(ライバルの)マーベルが先んじていることは承知しています。だからこそ、日本の皆さんにDCブランドの魅力をより広く知っていただく機会になればと思い、来日しました」(ネルソン氏)

この夏公開されるビッグネームとして注目を浴びる『ワンダーウーマン』は、女性初のスーパーヒーロー超大作。その歴史は長いが、ネルソン氏は「若い世代にはあまり知られていない存在。では、なぜ、いま映画化するのか? 理由は女性が活躍する“時代の空気”が確かにあるから。タフなアクションやユーモアといった要素に加えて、希望に満ちた作品になり、同じ女性として誇りに思っている。きっと現代を生きる女性の憧れになるはず」と自信のアピールだった。

アメコミ界の伝説的な作家として知られるリー氏も、「最高のスーパーヒーローであり、コミックビジネスを変えたキャラクター。実際、女性のアメコミ読者は増えている」と、『ワンダーウーマン』が秘めるポテンシャルの高さに太鼓判。「女性キャラクターの多さに加えて、ヴィラン(悪役)も多彩である点が、DCの魅力」、さらに「時代背景や舞台、相関図が進化し続ける結果、常に新鮮なキャラクターが生まれている」と、マーベルとの違いを提示していた。

この日のプレゼンテーションには、高橋雅美氏(ワーナーブラザースジャパン合同会社社長兼日本代表)が同席した。

『ワンダーウーマン』は8月25日(金)より全国にて公開。

『ジャスティス・リーグ』は11月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

『ジャスティス・リーグ』

あなたの推しキャラは?

特集

関連記事

特集

page top