ゆうばり映画祭開幕! 斎藤工の凱旋に「ジャスティス!」と声援も

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」が3月2日(木)に北海道夕張市で開幕。開会式を前に行われた歓迎セレモニーでは、審査員を務める武田梨奈、初の長編監督作が上映される斎藤工らゲストが雪上のレッドカーペットに登場し、約200名の市民の歓声を浴びた。

最新ニュース レポート
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」開幕!
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」が3月2日(木)に北海道夕張市で開幕。開会式を前に行われた歓迎セレモニーでは、審査員を務める武田梨奈、初の長編監督作が上映される斎藤工らゲストが雪上のレッドカーペットに登場し、約200名の市民の歓声を浴びた。

2014年に新進俳優に贈られる「ニューウェーブアワード」を受賞するなど、既に同映画祭の“常連”となっている武田さんは今回、歴代最年少審査員(インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門)として凱旋! 沿道からの「梨奈ちゃん!」という声援に笑顔を浮かべていた。今年のニューウェーブアワードに輝いた足立梨花、駿河太郎は、初めて映画祭を訪れるゲストにも「おかえりなさい!」と声を掛けるゆうばり流の熱い歓迎に笑顔で手をふっていた。

そんな多彩なゲストの中でも、特に子ども連れの若いお母さんたちを中心に、ひときわ熱烈な黄色い声援を浴びていたのが斎藤さん。過去には出演作や監督短編作を携えて同映画祭の舞台挨拶に登壇したことや審査員を務めたが、今回はいまをときめく高橋一生らをキャストに迎えた初の長編監督作『blank13』を携え来場。同作に出演している村上淳と共にレッドカーペットを歩いた。斎藤さんの姿を見た市民の間からは黄色い歓声が。斎藤さんと言えば、昨年末に出演したバラエティ番組「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)で“サンシャイン斎藤”として、体を張ったネタと「ジャスティス!」の決めぜりふで大きな話題を呼んだが、斎藤さんをひと目見ようと沿道で待つ市民からはまさかの「ジャスティス!」という声もちらほら…!

続いて同日夜に開催された開会式で、ニューウェーブアワードの授賞式に登壇した駿河さんは「(受賞の)お話を聞いて、僕は今年39歳になるので“ニューウェーブ”ということで、嬉しい半面、僕でいいんかな? という気もしました(笑)」と語り笑いを誘う。さらに「映画が好きで、俳優を始めたのは遅いけど、お芝居を楽しく感じながら仕事させていただいているので、そんなときにこうして、目に見える賞がいただけて嬉しい」と喜びを語った。

足立さんは「映画祭で賞をいただくのが初めてで、緊張してたんですが、ここに着いてたくさんの方に『おかえりなさい』と言っていただき、緊張が解けました」とニッコリ。足立さん、駿河さん共に今年の映画祭では出演作の上映はないが、来年以降の自分の出演作品を携えての再訪を誓っていた。また、同部門クリエイター部門は、国内外で活躍するアニメーション監督の静野孔文が受賞した。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭は3月6日(月)まで開催。全84作品が上映される。

協力:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top