ジェニファー・ローレンス、“無重力プール”は「一番苦労した撮影」

ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットをW主演に迎え、極限状態に置かれた男女の未だかつてないラブストーリーを描く『パッセンジャー』

映画
『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットをW主演に迎え、極限状態に置かれた男女の未だかつてないラブストーリーを描く『パッセンジャー』。この度、ジェニファーが無重力となったプールで大ピンチとなってしまう本編映像が到着した。

20××年――新たなる居住地を目指し、5,000人の乗客「パッセンジャー」を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く。エンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)は絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく…。

宇宙でたった2人、90年早く目覚めた男女の“壮絶な愛と運命”を描く『パッセンジャー』。監督には、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を手掛ける新進気鋭の監督モルテン・ティルドゥムが務め、W主演となるクリスがエンジニアのジム役、作家のオーロラ役をジェニファーが演じるほか、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーンらが出演している。

舞台は冬眠装置で眠る5,000人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船アヴァロン号。ジェニファー演じるオーロラは、ニューヨークで活躍する作家で“宇宙への移住体験を本にしたい”と夢見て120年の旅に出るアヴァロン号に乗船。裕福な家庭で育ち、エネルギッシュで洗練された雰囲気の彼女はファーストクラスの乗客で、同じく目覚めてしまったエコノミークラスの乗客ジムとは身分のかけ離れた、まさに“高嶺の花”。

このほど到着したのは、そんなゴージャスすぎる船内に設備された“銀河系が見える幻想的なプール”で、ヒロイン・オーロラが斬新すぎる近未来デザインの水着に身を包み、ひとり泳ぐ妖艶なシーンだ。しかし、その美しさに目を奪われたのも束の間、見たこともない“無重力のプール”が襲ってくる驚愕の映像にもなっている。


この想像を超えるシーンについてジェニファーは、「いままでの映画で一番苦労した撮影だった。とても長い間プールに入り、ずっと鼻まで水につかっていたの」と撮影の苦労は女優人生で一番だったと明かす。しかし、「最終的な映像を見たときは本当にワクワクしたわ。いままで見たこともない無重力のシーンになっていたからよ」とその迫力には納得の出来栄えだと語っている。

『パッセンジャー』は3月24日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top