上戸彩「心が苦しくなる…」映画『昼顔』予告解禁、主題歌はLOVE PSYCHEDELICO

上戸彩・主演、相手役・斎藤工で社会現象を巻き起こしたTVドラマの劇場版『昼顔』。その主題歌が、唯一無二のデュオ「LOVE PSYCHEDELICO」の…

映画
映画『昼顔』-(C)2017 フジテレビジョン 東宝
  • 映画『昼顔』-(C)2017 フジテレビジョン 東宝
  • 映画『昼顔』主題歌を手がける「LOVE PSYCHEDELICO」 -(C)2017 フジテレビジョン 東宝
  • 上戸彩&斎藤工/映画『昼顔』-(C)2017 フジテレビジョン 東宝
  • 『昼顔』(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社
上戸彩・主演、相手役・斎藤工で社会現象を巻き起こしたTVドラマの劇場版『昼顔』。その主題歌が、唯一無二のデュオ「LOVE PSYCHEDELICO」の書き下ろし新曲「Place Of Love」に決定。さらに内容に踏み込んだ予告映像とともに解禁となった。

お互いに結婚していながら愛し合った木下紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに2人は別れた。紗和は夫とも別れ、1人に。あれから3年――。紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランでのアルバイトと、狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見ることさえすでになくなっていた。一方、大学の非常勤講師となっていた北野は、蛍に関する講演を、ある街で行うことに。講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。

「神様、私を試しているのでしょうか」。運命のいたずらか、再びめぐり会う2人。あのときに交わした愛を忘れられず、再び逢瀬を重ねていく。清流ながれる蛍の住処が“約束の場所”。そんな中、2人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子(伊藤歩)だった……。

2014年夏に放送された連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。平日昼間、夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマに、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった女性を描き出し、「昼顔」はその年の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象にまでなった。本作では、それから3年が経ち、再びめぐり会う紗和と北野の物語を描く。

そして今回、本作の主題歌として、現在4年ぶりにリリースとなるオリジナルアルバムを制作中の「LOVE PSYCHEDELICO」による新曲「Place Of Love」が完成。「LOVE PSYCHEDELICO」の映画主題歌は、草なぎ剛が主演を務めた2004年公開『ホテルビーナス』、2012年公開『任侠ヘルパー』、さらに竹中直人が監督した2013年公開『自縄自縛の私』に続いて4作目。『任侠ヘルパー』は本作の西谷弘監督がメガホンをとっており、5年振りのタッグとなった。

今年の初頭に西谷監督からのイメージオファーを受け、書き下ろされた新曲「Place Of Love」は、オリジナリティあふれるギターリフが特徴的な楽曲が多い「LOVE PSYCHEDELICO」のいままでの楽曲とは一味違う。映画『昼顔』の世界にインスパイアされて生まれ出た、深く壮大なストリングスアレンジが印象的であり、叙情的な世界を綴ったメロディアスな楽曲に仕上がっている。また、「LOVE PSYCHEDELICO」と上戸さんとの関わりも深く、連続ドラマ「絶対零度 Season1~未解決事件特命捜査~」、同「Special」、「絶対零度 Season2~特殊犯罪潜入捜査~」において、メインテーマやオープニングテーマを担当してきた縁がある。

その主題歌の完成にあわせ、本作の予告映像もついに解禁。再会を果たし、禁じられていながらも再び逢瀬を重ねる紗和と北野。「今度こそ、ちゃんとする」という北野の言葉もむなしく、2人は先に進むことができない。それぞれの葛藤、乃里子の激しい嫉妬、紗和に対する杉崎の関心なども描き出され、「昼顔」の世界観を後押しする楽曲が交錯する紗和と北野の運命を彩っていく。


<以下、コメント>
■LOVE PSYCHEDELICO
西谷監督とは映画『任侠ヘルパー』で、上戸彩さんとは以前ドラマ「絶対零度」でご一緒したこともあり、皆さんと作品の中で再会できることを大変嬉しく思います。「Place Of Love」の制作中に何度もパイロット版を観させていただき、監督とは何度も打ち合わせを重ねてきました。この映画に深く関わらせていただけたことを、光栄に思います。
――― KUMI(Vo)     

素晴らしい作品に参加させていただいたことに、心から感謝しております。作品からのインスパイアもあり、「LOVE PSYCHEDELICO」としてはいままでにない壮大なストリングスを主軸にした新しいサウンドを描くことができました。監督との綿密なやり取りもまた、この「Place Of Love」を作り上げていく上で大きな原動力となりました。貴重な制作体験に感謝しております。エンドロールでの監督の映像と「Place Of Love」のコラボレーションを、楽しみにしております。
――― NAOKI(Gt)     

■上戸彩
最初に聴いたときは曲調がすごく「昼顔」っぽいと思いました。特にイントロ部分が「ザ・昼顔」という感じで、歌詞の内容も「昼顔」の主題歌以外としては考えられないほどその世界観にぴったりだと思います。「LOVE PSYCHEDELICO」さんは以前ドラマの主題歌でもご一緒させていただいて、よく聴いていました。私は映画『昼顔』を観終わったとき大きく深いため息をついてしまったのですが、その余韻に浸れて切なくなれる、そして心が苦しくなるような、とても世界観を大事にしてくださった主題歌だと思います。是非劇場で映画と共に感じていただきたいです。

■西谷弘 監督
「LOVE PSYCHEDELICO」は映画作家として存在した。一方通行的な楽曲提供で終わることはなかった。2人の魂が、哲学が、惜しむことなく何度もスクリーンにぶつけられた。そして生まれたのは永遠に色褪せることのない“茜色の愛の詩”だった。KUMIさん、NAOKIさん、2人のチームメイトに感謝しています。

映画『昼顔』は6月10日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top