山本美月×伊野尾慧『ピーチガール』原作者が絶賛!イラスト版ビジュアル完成

山本美月×伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のW主演に加え、真剣佑、永野芽郁という、いま最も旬で勢いのあるキャストで映画化する『ピーチガール』。このたび、原作者・上田美和

映画
『ピーチガール』イラストバージョンビジュアル (C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』イラストバージョンビジュアル (C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会 (C)上田美和/講談社
  • 『ピーチガール』(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 山本美月&安達もも/『ピーチガール』 -(C)上田美和/講談社
  • 真剣佑 『ピーチガール』(C)上田美和/講談社
  • 永野芽郁/『ピーチガール』 -(C)上田美和/講談社
  • 沙絵/『ピーチガール』 -(C)上田美和/講談社
山本美月×伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のW主演に加え、真剣佑、永野芽郁という、いま最も旬で勢いのあるキャストで映画化する『ピーチガール』。このたび、原作者・上田美和の描き下ろしイラストを使用した新たなビジュアルが解禁となった。

元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。とーじ(真剣佑)に中学時代からずっと片思いをしていた。ところが、入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ学校中のうわさに。一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、見た目は天使でも、ももとはあらゆる面で正反対。その本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔! ももがとーじを好きと知るや、巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たして、ももが最後に選ぶのは――?

今回完成したイラストバージョンビジュアルは、もも、カイリ、とーじ、沙絵の4人が “ピーチ”を持った映画のポスタービジュアルを、原作のキャラクターたちで再現したもの。劇中の4人と同じ制服を身にまとったイラストを、原作者・上田先生が特別に描き下ろした。山本さん、伊野尾さん、真剣さん、永野さんの実写版と同様、外見と中身でギャップを持つ、それぞれのキャラクターの特徴を表したキャッチコピーもそのまま。本作の世界観を表したポップで可愛いビジュアルとなっている。

ひと足先に本作を鑑賞した上田先生は、「これはおもしろい、スクリーンから伝わってくる熱量がハンパじゃない」と大絶賛で「よくあれだけの分量の原作をコンパクトにテンポよく楽しめるエンターテインメントに仕上げたなぁと。そして原作にはないエピソードや設定がピーチガールの世界を壊すことなく逆に盛り上げているのは、製作に関わって下さった方々の作品へのリスペクトと向上心の賜物だと思います」とコメント。

「何より素晴らしいのはキャストの皆さんが見事に役にハマっていること。皆さんそれぞれに新境地を開いたんじゃないかと思えるぐらい見応えある演技でした」と、山本さん、伊野尾さん、真剣さん、永野さんらキャスト陣にも太鼓判を押し、「原作ファンの方にも、未読の方にもぜひ観ていただいきたい」と語った。

『ピーチガール』は5月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top