相葉雅紀、紅白司会から月9主演と大役続きに「すごいっすね」かわいく自画自賛?

最新ニュース

/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • /新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 武井咲/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 生瀬勝久/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 滝藤賢一/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 井川遥/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 中山美穂/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 松重豊/新ドラマ「貴族探偵」の会見
  • 武井咲/新ドラマ「貴族探偵」の会見
30周年を迎えるフジテレビ「月9」の節目となる新ドラマ「貴族探偵」の会見が4月2日(日)、都内にて行われ、出演する相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊が勢揃いし、集まったおよそ1,000人の観客が熱狂した。

昨年末の「第67回 NHK紅白歌合戦」の白組単独司会、本作の主演と大役続きとなったことについて、相葉さんは「あまりふり返って考えていなかったんですけど、相葉くん、すごいっすね(笑)。でも、考えれば考えるほどプレッシャーはかかってくるので、自分のできることを全力でやるのが僕の務めだと思っています」と真摯に応え、集まった観客の拍手喝さいを浴びていた。

「貴族探偵」は、年齢、家族、学歴、住所、本名まで不明ですべてが謎に包まれた男、人呼んで貴族探偵(相葉さん)が主人公。探偵を趣味にしているこの男が新米探偵と対決し、刑事を手玉に取り、召使いが推理をしながら、どこまでも優雅に悪を笑い、華麗に謎を解くというストーリー。

今回、相葉さんはキャスト全員と初共演になる。印象を聞かれた武井さんは、開口一番、「うーん」と一言。相葉さんは、「あまり好きじゃないのかな(笑)?」と突っ込んだ。すると、武井さんは、「そんなことはないですけど、この衣装を着て現場で颯爽と入ってくるので面白いなって。フランクに話しかけてくださるので、すごく楽しくすごしています!」と笑みを広げた。

「嵐」のメンバーとこれまで全員共演してきたという生瀬さんは、「(相葉さんは)最後の牙城だったんです。やっと一緒になりました」とうれしそうに語った。またその人柄について、生瀬さんは「毎日真夜中まで撮影していて、この間は朝5時までやりました。その中で、3時頃スタッフさんが音を出しちゃったんです…。相葉くん、近くに行って怒るのかと思ったら“シーッ”って」と人差し指を口にやるかわいらしい仕草を見せ、「その姿を見て、ついていこうと思いました」と、ほっこりするエピソードを明かした。

「月9」自体は、2015年の「ようこそ、わが家へ」以来、2度目の主演となった相葉さん。「僕が物心ついたときから、月曜9時はドラマがやっていたので、2回も出させてもらえるのはすごい光栄なことです」と、改めて気合いを入れる。ちなみに、「嵐」メンバーからの声かけについては、「メンバーからは“謎は解かないんでしょ、何するの?”って言われて、“いろいろすることがあるんだ”っていうような話をしました(笑)」と無邪気に笑った。

「貴族探偵」は4月17日(月)よりフジテレビにて毎週(月)21時~放送スタート、初回30分拡大。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top