イアン・マッケラン、『ハリポタ』ダンブルドア役を断った理由とは?

映画『ハリー・ポッター』シリーズの最初の2作でダンブルドア校長を演じていたリチャード・ハリス。3作目への出演も熱望していたものの、2002年に闘病の末、亡くなってしまった。…

最新ニュース ゴシップ
イアン・マッケラン-(C)Getty Images
  • イアン・マッケラン-(C)Getty Images
  • リチャード・ハリス-(C)Getty Images
  • イアン・マッケラン -(C) Getty Images
  • イアン・マッケラン-(C)Getty Images
映画『ハリー・ポッター』シリーズの最初の2作でダンブルドア校長を演じていたリチャード・ハリス。3作目への出演も熱望していたものの、2002年に闘病の末、亡くなってしまった。以降、マイケル・ガンボンがダンブルドア役を引き継ぐことになったが、イアン・マッケランも同役のオファーを受けた1人だった。

当時、『ロード・オブ・ザ・リング』で魔法使いのガンダルフを演じたばかりのイアンは、「(違う作品で)また魔法使いを演じる気にならなかった」と2代目のダンブルドア役を辞退した理由をシンプルに語ったが、詳しいことは口にしなかった。

しかし、先日BBCのトーク番組「HARDtalk」に招かれたイアンは、この15年間明かすことのなかった本当の理由を告白。それは生前のリチャードが、イアンとデレク・ジャコビ、ケネス・ブラナーの3人の俳優の演技を「技術的には素晴らしいが情熱が感じられない」と形容したことだったようだ。この意見に「ばかばかしい」と言うイアン。リチャードの死後、「『ハリー・ポッター』シリーズへの出演に興味はありませんか?」と連絡を受けた彼は、リチャードの代わりのダンブルドア役のオファーであることをすぐに察したそうだ。「私を認めていなかった俳優の後を引き継ぐなんてことはできなかった」と吐露した。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top