横浜赤レンガ倉庫にドイツ春祭りがやって来る!「ヨコハマ フリューリングス フェスト」開催

最新ニュース

「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」会場イメージ
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」会場イメージ
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」海賊船
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト」過去開催の様子
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」グルメプレート
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」渦巻きソーセージ
  • 「ヨコハマ フリューリングス フェスト2017」ハンブルガーラプスガウス
横浜赤レンガ倉庫では、4月28日(金)から5月7日(日)のGW中の計10日間に、横浜赤レンガ倉庫イベント広場と赤レンガパークにて、ドイツの春祭りを再現した「Yokohama Fruhlings Fest 2017(ヨコハマ フリューリングス フェスト)」が開催される。

開催初日の28日(金)は17時よりオープンし、17時30分から特設テントにてオープニン グセレモニーが行われる。セレモニーではドイツ楽団の演奏に合わせて乾杯し、赤レンガ倉庫のリニューアル 15周年の感謝の気持ちを記したリボン2,000個が舞い降りる演出でイベントのスタートが切られる予定だ。

「フリューリングス フェスト」とは、ドイツで春の訪れを祝って、各地で開かれる「春祭り」のこと。今年で5回目の開催を迎える本イベントは、例年海側に配置していたアトラクションエリアを道路側にも拡大し、アトラクションの数も過去最多の8種類に増え、ファミリーで楽しめる「海賊船」などの乗り物が初登場するなど、昨年に比べアミューズメント感が増した内容となる。

イベント広場には、ヒュッテと呼ばれる木の小屋が17店並び、フード・ドリンク・雑貨を販売。ドイツで春を告げる野菜と言われている「シュパーゲル(ホワイトアスパラ)」や、港町のハンブルク地方の伝統料理「ラプスカウス」をはじめ、名物のソーセー ジ・菓子パンのほか、フレッシュジュースなどドイツの定番メニューも用意。

さらに、今年日本初上陸した、ワッフルコーンの中をチョコレートで コーティングし、飲み物などカップとして楽しむハイブリッドスイーツ「コーンショット」が初登場。神奈川のクラフトビール醸造所「サンクトガー レン」のためにコーンショット専門店「Anywhere Door」がオリジナルでコラボカップを制作し、本イベントで初お披露目されるなど、爽やかな5月の陽気のもと、グルメな時間を過ごせる。また、雑貨は ドイツ土産の定番であるビアマグや、ドイツの信号機をモチーフにしたキャラクターのグッズなどドイツの雑貨を数多く販売される。

横浜にいながらにしてドイツの文化に触れ、飲む食べる、踊る体験する、見る買うの楽しみが満載。GW中の思い出作りをしてみてはいかが。


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top