スガシカオ、星野源の“前科者”ドラマで初演技!きっかけは「源ちゃんとゆり子さん」

最新ニュース

連続ドラマW「プラージュ」
  • 連続ドラマW「プラージュ」
  • 連続ドラマW「プラージュ」
  • WOWOW「連続ドラマW プラージュ」
  • 連続ドラマW「プラージュ」
  • 「プラージュ」誉田哲也(幻冬舎刊)
人気沸騰中の才人、星野源を主演に迎えたWOWOW「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」に、今年デビュー20周年を迎えたスガシカオがドラマ初出演することが決定。併せて、星野さんや石田ゆり子らとシェアハウスに暮らす、個性豊かな7名が勢ぞろいしたキービジュアルも解禁となった。

32歳、旅行代理店の冴えない営業マン・貴生(星野源)は、仕事も恋もうまくいかない中、憂さ晴らしに出掛けた先で、よくわからないまま打たれた覚せい剤使用で逮捕されてしまい、住んでいた部屋も火事に。執行猶予中の身で借りられる物件など、そうそうあるわけもなく、「ここで駄目ならほかに行く所なんかないよ」と連れて行かれたのは「プラージュ」という名のシェアハウス。「基本家賃は5万、掃除は交代制、個室の仕切りはカーテンのみ、ただしおいしい食事付き」という条件のもと、再就職が決まるまで、と軽い気持ちで住み始めた貴生だったが、“訳あり”の住人たちが起こす、さまざまな騒動に巻き込まれていき…。

星野さんが演じる貴生は、思わぬことで“前科者”になってしまった男。やむを得ず、文字通り「訳あり”な住人たちが住むシェアハウスに入居することになるが、オーナー役の石田さん、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦に続く7人目の入居者を、俳優初挑戦となるスガさんが演じることが決定。殺人罪で服役しながらも再審請求をした「友樹」という男で、頬から首筋に痛々しい火傷痕があり、心に暗い闇を抱えているという役どころだ。

日本を代表するシンガーソングライターとして「Progress」「午後のパレード」など数々の名曲で知られ、今年デビュー20周年を迎えるスガさん。5月6日(土)には集大成イベントとなる「スガフェス! ~20年に一度のミラクルフェス~」(さいたまスーパーアリーナ)も控えている。

「ドラマ出演のオファーはいままで全部お断りしていました」というスガさんが、今回ドラマに初主演を決めたきっかけについて、「今年デビュー20周年を迎えて、みんながビックリするようなことをやってみたいと思いました」と明かし「源ちゃんとゆり子さんがよく知っているお2人だったので、気楽にお話を受けようかと考えたのが最初です」と語る。

しかし、初めて演じるのは殺人罪で服役していた男…。「無感情で全て諦めているような感じで、あんまり積極的な発言がないキャラクターです。だから、演じる上ではすごく難しい印象がありました。『ワァー』って攻撃的に喋っていく役だったら、とりあえずやり尽くせばいい感じだと思っていましたが、ほとんど会話がないので、逆に難しく思いました」と、その役どころの難しさに言及。視聴者に向けて、「今回のドラマは扱う題材も、いわゆる民放でやっているドラマとは全く違って面白いと思いますし、本当に細かいところまで作り込まれているので、是非見て欲しいと思います」と期待を込めてアピールする。

また、併せてドラマのキービジュアルも公開に。会社員から“前科者”に転落した貴生(星野さん)には「執行猶予中」の言葉が! さらに“訳あり”たちを受け入れる心優しきプラージュ・オーナーの潤子(石田さん)、貴生同様にさまざまな過去や罪を背負う美羽(仲さん)には「更生中」、彰(眞島さん)には「世間の眼」、紫織(中村さん)には「昔の男」、通彦(渋川さん)には「過剰防衛?」、そして友樹(スガさん)には「再審請求」と書かれたボードを、それぞれが手にしている。彼らの現在を表す、訳ありな言葉には注目だ。

「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」は今夏、毎週土曜日22時~WOWOWプライムにて放送(全5話予定)。※第1話無料放送
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top