ダグ・リーマン監督、映画版『ジャスティス・リーグ・ダーク』を降板

最新ニュース

ダグ・リーマン監督-(C)Getty Images
  • ダグ・リーマン監督-(C)Getty Images
  • ギレルモ・デル・トロ-(C) Getty Images
  • ダグ・リーマン監督-(C)Getty Images
ダグ・リーマン監督が映画版『ジャスティス・リーグ・ダーク』を降板したようだ。

「ダーク・ユニバース」としても知られる同名DCコミック本の映画化作でメガホンを取る予定だったリーマンが、年内にも製作が開始されるパトリック・ネス原作の「混沌の叫び」映画化作品に集中するために降板を決めたと「Variety」誌が報じている。

リーマン監督の降板こそ決まったものの、ワーナー・ブラザース社は予定通り製作を進めていくつもりであり、現在新たな監督を模索中であると共にマイケル・ギリオが新たな脚本に取り掛かっているという。

『ジャスティス・リーグ・ダーク』は当初、ギレルモ・デル・トロが監督を務める予定になっていたが、スケジュールの都合で降板するに至っており、引き継ぐことになったリーマン監督が同作に焦点を当てるために予定されていた『ガンビット』の監督の座から降任するという経緯もあった。

「ダーク・ユニバース」ではキアヌ・リーブス主演『コンスタンティン』の主人公であるジョン・コンスタンティンをはじめ、悪魔エトリガンやザターナ、スワンプシング、デッドマンなどが登場する。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top