【インタビュー】むせ返るほどの色気に溺れて…ディーン・フジオカ“結婚”を語る

人に裏切られたくないとは、誰もが思うこと。好きな人であってはなおのことだし、愛して「結婚しよう」と言われた相手だったら…想像を絶する痛みを伴う

最新ニュース インタビュー
ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
  • ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
  • ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
  • 『結婚』  (c)2017「結婚」製作委員会
  • ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
  • 『結婚』  (c)2017「結婚」製作委員会
  • ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
  • 『結婚』  (c)2017「結婚」製作委員会
  • ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
細部にまで妥協のない演技の賜物か、仕上がった映像は甘美で、謎めいた古海が画面の中で息づいている。完成作を見たディーンさん本人の感想は、「びっくりしました。ちょっと家族に見せるのは恥ずかしいかもなぁって思いました(笑)」と正直に語る。確かに、夥しい数のベッドシーン、ラブシーン、キスシーンが登場するのが本作の特徴でもある。「ラブシーンを撮っているときは、言っても芝居なので、『はい、OK、次』という感じなんです。けど、編集されて音がついて見ると、やっぱり…ちょっと自分では観たくない感じですね。ラブシーンは、ね。10代後半とか20歳くらいの男の子がやったほうがいいんじゃないですか(笑)?」と、照れながら話を締めくくる。

だが、ディーンさんが言う若い層には到底醸し出せない「色気」というものが、本作には重要な要素として入っている。例えば、古海がマスカットを1粒取り、口に含むという場面。何でもないちょっとした日常の動作のはずが、たおやかでエロティックにさえ見える。ディーンさんが演じたならではの色気が、映しとめられているようだ。「ミステリアスって、全てがわからずアンノウンな部分があるから、興味を惹いたり、想像力を掻き立てるわけですよね。フローレスな美しさもあれば、傷があるから美しいものもあると思っています。え、僕自身の色気ですか? 自分ではわからないです、ごめんなさい(笑)」。

ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii映画のタイトルでもあり、テーマでもある『結婚』。本作を経験したことで、自身の結婚観を見直すきっかけには、なったのだろうか? 「自分は幸せだな、ラッキーだなと思いました。改めて、しっかりと父親として、夫として、家族のことを大事にしなきゃいけないなと。ちょっとバランスが崩れたら、すぐになくなってしまうことでもあると思うんです。作品で、古海と関係する女の人たちは、みんなかわいそうじゃないですか。けど、そういうスパイラルにいまたまたま僕はいないだけで、バランスを保てているだけなんだなって思うんです。日常的な、平凡な幸せを大事にしなきゃいけませんよね、と自分で思いました」。

そんなディーンさんが、女性に惹かれる瞬間、魅力的だと感じるポイントは「優しい人だということ」と答える。「共感できる力というか。(相手の思いを)感じ取って、自分のこととして考えて、アクションを起こして反映していく。どんな国でも、どんな人種でも、どんな性別でも関係なく、そんな方は魅力的だなと思います」。しかし、表面的に優しくするようなことだけが優しさであるとも限らない、と静かだがキッパリとした口調で伝える。「ときに、相手を思って、強く言わなきゃいけない優しさもありますよね。決して柔らかい物腰でいることだけが優しさだと思わないです」。明日から、今日より優しい自分になれますように…なんて、願わずにはおれない。

ディーン・フジオカ『結婚』/photo:You Ishii
《text:Kyoko Akayama/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top