佐々木希、「夫を愛してるんです」涙溢れる訴え…「雨が降ると君は優しい」予告編

“セックス依存症”を題材に野島伸司が脚本を手掛け、玉山鉄二と佐々木希が夫婦役で共演するHuluオリジナル「雨が降ると君は優しい」

最新ニュース

Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
  • Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
  • Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
  • Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
“セックス依存症”を題材に野島伸司が脚本を手掛け、玉山鉄二と佐々木希が夫婦役で共演するHuluオリジナル「雨が降ると君は優しい」。この度、予告編が公開され、エンディングで流れる主題歌に、ボズ・スキャッグスの名曲「We're All Alone」が起用されていることが分かった。

野島氏が3年もの歳月をかけて丁寧に紡ぎ出した本作には、新婚夫婦、立木信夫と彩を玉山さんと佐々木さんが演じるほか、陣内孝則、木村多江、古谷一行、奥菜恵、笛木優子ら実力派俳優陣が脇を固めている。

公開されたのは「夫をとっても愛しているんです」と言いながら涙を流す、佐々木さん演じる彩の姿からスタートする本作の予告編。野島氏が「世界で一番好きな曲」と明言するボズ・スキャッグスの名曲「We're All Alone」に乗せ、“セックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山さん)と立木彩(佐々木さん)の愛と憎しみが交錯する様子が描かれる。



主題歌はとても大切な存在だと語る野島氏は、「このドラマの企画を立てながら、主題歌は何がいいだろうと考えていたとき、僕が世界で一番好きな曲『We’re All Alone』が頭に浮かんだんです。その後、実際に脚本を執筆する過程では、逆にこの曲からインスパイアされた部分もありました」とコメントし、「『We’re All Alone』は“これ以上の曲はない”と思うほど、ドラマの世界観を引き上げてくれる曲です。ここまで歌詞の内容とドラマのストーリーがフィットする主題歌は久々です」と満足気。もちろん主題歌と同じように、キャストもドラマの世界観とリンクしフィットしてほしいと話す野島氏は、「今回はパーフェクトだと感じています。特に、ヒロイン・彩のキャスティングは難航すると思っていましたが、演じる佐々木さんの存在感と破壊力が凄まじい! 信夫も倉田も志保も、どの役もすべてのキャストが本当に素晴らしい演技をしてくれていますし、これはいい作品になると思います」と手応えは十分のようだ。

Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」は9月16日(土)よりHuluにて配信開始(全8話)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top