“最も稼いだ女性ミュージシャン”ランキング発表!1位はビヨンセ

「Forbes」誌が、毎年恒例の「最も稼いだ女性ミュージシャン」ランキングを発表した。収入の集計期間は2016年6月1日から2017年6月1日の1年間とのこと。

最新ニュース ゴシップ
アデル&ビヨンセ&テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • アデル&ビヨンセ&テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • セリーヌ・ディオン&ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • アデル-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • セリーヌ・ディオン-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
「Forbes」誌が、毎年恒例の「最も稼いだ女性ミュージシャン」ランキングを発表した。収入の集計期間は2016年6月1日から2017年6月1日の1年間とのこと。

1位は昨年のテイラー・スウィフトを破り、約118憶円(1憶500万ドル)を稼いだビヨンセ。昨年4月にリリースしたアルバム「Lemonade」が爆発的ヒットを放った。また、昨年4月から10月に北米とヨーロッパで行ったツアー「Formation World Tour」のチケットの売り上げも莫大であったが、ツアーの開催期間がランキングの集計期間から外れている部分もあったということで、売り上げがすべて含まれているわけではないという。

ビヨンセ-(C)Getty Imagesビヨンセ-(C)Getty Images
2位のアデルは、ツアーで1公演につき億単位を稼ぎ出すことが結果的に収入約77億円(6,900万ドル)へとつながった。

アデル-(C)Getty Imagesアデル-(C)Getty Images
3位は昨年から2ランクダウンのテイラー・スウィフトで約49憶円(4,400万ドル)。つい最近発売されたばかりの新作アルバム「Reputation」は、集計期間の対象外なので含まれていない。すでに今年最も売れたアルバムの1位として確実視されているので、来年は再び「最も稼いだ女性ミュージシャン」トップの座を奪還する可能性も高いだろう。

テイラー・スウィフト-(C)Getty Imagesテイラー・スウィフト-(C)Getty Images
4位はセリーヌ・ディオンで約47憶円(4,200万ドル)、5位はジェニファー・ロペスで約43億円(3,800万ドル)だった。

セリーヌ・ディオン&ジェニファー・ロペス-(C)Getty Imagesセリーヌ・ディオン&ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top