初来日したジェシカ・チャステイン、作品を通して呼びかける「何かができるはずと気づいて」

最新ニュース

初来日したジェシカ・チャステインが11月27日(月)、都内で行われた主演作『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』のジャパンプレミアに出席。第2次大戦下、ユダヤ人を救った実在の女性を熱演した本作のテーマは「愛と思いやり」だとアピールした。

『ゼロ・ダーク・サーティ』『女神の見えざる手』といった骨太な社会派サスペンスで存在感を発揮し、いま最もオスカーに近い女優ともいわれるジェシカの登場に、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズに駆け付けたファンは大興奮! その熱気に応える形で、ジェシカもサインや写真撮影に応じ、初の来日プロモーションを満喫していた。

ジェシカ・チャステイン/『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』ジャパンプレミア今回が初来日となるジェシカ・チャステイン
第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが動物園にユダヤ人たちを匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる実話。アントニーナを演じ「心に響くキャラクターだった。彼女は武器ではなく、愛と思いやり、そして共感力を駆使した人助けでヒーローになったの。2017年を生きる私たちの良きお手本だわ」と語った。

さらに「政治家やセレブリティじゃなくても、誰かの人生をより良きものにできる。命のすべてが奇跡であり、自分にも何かができるはずと気づいてほしい」と観客に訴えかけた。また、最近、ハリウッドを騒がせるセクハラ騒動に対し、積極的に発言をしている件については「いまはSNSで、性別も人種も宗教も性的指向も問わず、誰もが情報発信できる時代。こうした問題がうやむやにならず、公にされることは重要なこと」とも話していた。

武田双雲&ジェシカ・チャステイン/『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』ジャパンプレミア武田双雲&ジェシカ・チャステイン
ジャパンプレミアには書道家の武田双雲が駆けつけ、「映画を観終わって、この言葉しかないと思った」という“慈愛”の文字を披露。初めて見る書道パフォーマンスに、ジェシカは「アーティストがインスピレーションを感じているのが伝わる」と興味津々だった。

『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』は12月15日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top