竹内涼真、幕張でアメコミ愛を叫ぶ「皆さん!アメコミ、盛り上げませんか!!」

俳優の竹内涼真が12月1日(金)、千葉県・幕張メッセで開幕したポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2017」(略称:東京コミコン2017)のオープニングセレモニーに出席した。

最新ニュース
俳優の竹内涼真が12月1日(金)、千葉県・幕張メッセで開幕したポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2017」(略称:東京コミコン2017)のオープニングセレモニーに出席した。

昨年に引き続き“東京コミコン”の名誉親善大使を務める竹内さんは、「いつかマーベルの映画に出るのが夢」と公言する筋金入りのアメコミ男子! 挨拶に立つと「今日はスーパースターの皆さんと同じステージに立てて、とても光栄です。皆さん! アメコミ、盛り上げませんか!!」と熱いアメコミ愛を叫び、コミコン開幕を盛り上げていた。

竹内涼真「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」

■マーベル作品の生みの親スタン・リーも来日!


「スパイダーマン」「アイアンマン」「ドクター・ストレンジ」などのマーベル作品の生みの親にして、名誉親善大使を務めるアメコミ界の重鎮スタン・リー氏、名誉顧問のスティーブ・ウォズニアック氏、来日ゲストのカール・アーバン、ネイサン・フィリオン、マイケル・ルーカー、福原かれんら、竹内さんが“スーパースター”と呼ぶ豪華な面々が勢ぞろいした。

オープニングセレモニー「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」
今月28日に95歳になるスタン・リー氏は、開口一番「アイ・ラブ・トーキョー!」と東京愛を語り、「コミコンは世界各地で開催しているけれど、東京は特にすばらしい。本当に歓迎します。楽しんでほしいから、スピーチは短めにするよ」と誰よりもワクワクしている様子。もちろん、決め台詞である「エクセルシオール(Excelsior)!!」も忘れなかった。

オープニングセレモニー「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」

■東京コミコンとは?


“東京コミコン”は、アメリカのサンディエゴで毎年7月上旬に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画などを網羅するテクノロジーとポップカルチャーの一大イベントの日本版。昨年は、約3万2,000人のファンが来場した。関係者によると5万人(3日間)の来場者を見込んでおり、会場スペースの約30%アップ! ワーナーブラザースジャパンをはじめ、150を超える企業の出展が予定されている。

「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」

「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」

「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」
「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」は12月1日(金)~12月3日(日)まで幕張メッセホール9-11にて開催。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top