“インスタ映え”ナンバーワン!?『gifted/ギフテッド』を彩るこだわりのヒミツ

映画

『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
“キャプテン・アメリカ”として知られる人気実力派俳優クリス・エヴァンスと、新星子役マッケナ・グレイスの心打つ演技が賞賛を浴びている『gifted/ギフテッド』。本作には、“インスタ映え”にひと役買いそうな印象的なシーンが盛りだくさん。そのフォトジェニックな色彩には、マーク・ウェブ監督の並々ならぬこだわりが込められているという。

>>あらすじ&キャストはこちらから

『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督がメガホンを取り、ピンクにブルー、黄色に緑と色鮮やかなトーンで描かれている本作は、フォトジェニックでオシャレな場面が多数盛りこまれており、ストーリーだけでなく視覚的な観点からも見応え満点!

『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
映画における色彩の配置や場面構成において、強いこだわりを持つことで知られるウェブ監督。『(500)日のサマー』では、ヒロインのサマーを演じたズーイー・デシャネルの瞳の色がブルーだったことから、サマーの衣装はブルーを基調とし、また主人公トムとサマーの恋愛関係がうまくいっている時はポップなアニメーションが登場したり、ぎくしゃくしている時は鉛筆で塗りつぶしたようなモノクロになったりと、さまざまな工夫を凝らしてきた。

そして本作については、「本作は人々に感じてもらうような映画だ。ハリウッドがシニカルになって、人々を刺激するだけのものを作るのはとても簡単なことだ。本作の意図はちょっとした熱意を祝福すること、人々を気分よく、温かい気持ちにさせ、人とのつながりを祝福してもらうことだ。これは本物と思えるような形にできたと思う。かなり稀なことだけどね」と撮影をふり返る。

『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
これまでも監督の手がける作品でその手腕を発揮し、高い評価を受けているプロダクション・デザイナーのローラ・フォックスは「映画の前半は生き生きとしていて色彩が豊かよ。アドラー一家は貧乏だけど、そこには楽しさがあるから、その点を見せようとしたわ。その後、もう少しシリアスになってからは、色彩を少し抑えているの」と本作における色彩の演出ポイントを明かす。

一方、衣装デザイナーを務めたアビー・オサリヴァンは、キャラクターのイメージを受けて、メアリー(マッケナ・グレイス)の衣装にはウェブ監督の好きな80年代のパレットを使い、フランク(クリス・エヴァンス)には60年代~70年代の一世を風靡した俳優でトレンド・セッターでもあったスティーヴ・マックイーンを基にしたアースストーンのカラーの衣装を提案。

『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
さらに、撮影ではフィルムカメラを使用し、照明を駆使して陰影をつけたことによって、日没のショット、ボートの船着き場、修理場などの平凡な日常が、情緒あふれる芸術作品へと変貌を遂げている。

本作では、フランクとメアリーによる家族の絆が描かれるハートウォーミングな物語に心温まることはもちろん、どこを切り取っても愛くるしくて様になる、2人のフォトジェニックな画に癒されること間違いなし!

『gifted/ギフテッド』 (C)2017 Twentieth Century Fox
ウェブ監督のアーティスティックなセンスを、劇場の大きなスクリーンで堪能してみて。

『gifted/ギフテッド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top