パリの熟成肉専門ビストロが海外初上陸!「ル・セヴェロ・パリ」西麻布

フランス・パリ市内にある、創業30年の老舗熟成肉専門ビストロ「Le Severo -PARIS-」(ル・セヴェロ・パリ)の海外初店舗である東京・西麻布「Le Severo -Japon-」(ル・セヴェロ)では、今秋から「タルタルステーキ」の提供をスタート。

最新ニュース
ル・セヴェロ「パリセヴェロのスペシャリテ!! タルタル ステーキ 」
  • ル・セヴェロ「パリセヴェロのスペシャリテ!! タルタル ステーキ 」
  • ル・セヴェロ「シャルキュトリー盛合せ 」
  • ル・セヴェロ 熟成牛サーロインの食べ比べコース 8,640円(1名分料金/2名~)のメインディッシュ「フランス産と国産 牛サーロインの盛合せ(大皿)」
  • ル・セヴェロ エグゼクティブシェフ 齊田武氏
  • ル・セヴェロ ソムリエがセレクトしたワインリスト
  • ル・セヴェロ 店内内観
  • ル・セヴェロ「ブーダンノワール(クリスチャン パラ)のリゾット仕立て 」
フランス・パリ市内にある、創業30年の老舗熟成肉専門ビストロ「Le Severo -PARIS-」(ル・セヴェロ・パリ)の海外初店舗である東京・西麻布「Le Severo -Japon-」(ル・セヴェロ)では、今秋から本店のスペシャリテで、仏Figaro誌「パリ最高のタルタルステーキ (Les meilleurs steaks tartares de Paris 2014)」2位にも選ばれた「タルタルステーキ」の提供をスタート。早くも肉愛好家たちの熱視線を集めている。

◆パリ本店のエスプリを伝えるべく、西麻布店リニューアル!



ル・セヴェロ 店内内観
東京・西麻布「ル・セヴェロ」は、2016年に“パリでもっともおいしいステーキ店”として海外初上陸を果たした。今回、新たにエグゼクティブシェフとして、パリ店にも4年以上勤務し、世界トップクラスの肉屋 「ユーゴ・デノワイエ」 にて熟成肉の見極め方、調理技術を習得するなどして肉を熟知した齊田武氏を迎え、その他メニューや内装もリニューアル。パリ本店のシンボルカラーと同じレッドを基調とした外観に、大きな窓のある開放的で温かみのある木の色調の店内で、肩ひじを張らずに本格的な肉料理が食せる。

◆熟成肉のプロが生む絶品肉料理!



ル・セヴェロ「パリセヴェロのスペシャリテ!! タルタル ステーキ 」
同店は、創業者ウィリアムの肉に対する情熱と、“熟成肉は健康に自然に育てられている牛だからこそ赤身に旨みが宿る”というポリシーのもと、熟成に適した牛を見定め、それぞれの持ち味を生かしながら、個々の熟成状態を見極めていく目利き力と経験に裏打ちされた技術力で、熟成肉の美味しさを追求してきた。店では、本場フランスのブランド牛や国産和牛の熟成肉を食べ比べできるコースがあるほか、各種ステーキ、パテ ド カンパーニュやブーダンノワールなど、華麗なる肉料理がラインナップ。

中でも注目は、パリ店のスペシャリテで今秋から西麻布店でも提供をスタートした「タルタルステーキ」。注文ごとに新鮮な赤身肉を店内でミンチし、ケイパー、エシャロット、卵黄などでシンプルに味付けされ、赤身の美味しさが際立つ一品だ。同店を訪れたらぜひオーダーしたい。

◆プチ肉ランチで大満足!


ディナーだけでなく、ランチのメニューにも注目したい。「ハンバーガーランチ」は、熟成牛のハンバーガーに、スープ、サラダ、雪室熟成のフライドポテト、ドリンクが付いて2,500円。「ランチタイム限定プレート」では、熟成牛のハンバーガーの代わりにオードブル、メインディッシュ、が一皿ずつという内容で同じく2,500円。ランチタイムでもディナーと同じメニューを用意してもらえるので、ちょっとこのメニューが気になる! というものだけ、プチ肉ランチとして堪能するのも手だ。

また今回のリニューアルとともに、1階には2~4名程度で利用できるシェフズテーブル形式の個室も用意された。「美味しい肉が食べたい!」と思ったときに、カジュアルに肩ひじを張らずに、本格的な熟成肉料理をさまざまなスタイルで楽しめる一軒として重宝するはず。

■「Le Severo」(ル・セヴェロ)
アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅・広尾駅から徒歩7分
営業時間:月曜日~土曜日ランチ12時~15時(L.O.14時)/ディナー18時~23時半(L.O.22時)
席数:2Fメインダイニング(24席)、1F個室2~4名


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top