ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン来日!極寒の中ファンや共演陣に神対応

主演を務めたNetflixオリジナル映画『ブライト』を引っさげ、ウィル・スミスが14度目の来日! 12月19日(火)、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミアに駆け付け、ステージ上で“斎藤さんだぞ!”ポーズを披露する場面も…?

最新ニュース
ノオミ・ラパス&ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ノオミ・ラパス&ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
主演を務めたNetflixオリジナル映画『ブライト』を引っさげ、ウィル・スミスが14度目の来日! 12月19日(火)、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミアに駆け付け、ステージ上で“斎藤さんだぞ!”ポーズを披露する場面も…?

■寒さを気遣い神対応!



ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミアウィル・スミス、ファンサービスたっぷり!
ジャパンプレミアにはウィルをはじめ、共演するジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、デヴィッド・エアー監督が出席。この冬一番の寒さを記録するなか、ウィルは持ち前のサービス精神を発揮し、「一刻も早く、この寒さから皆さんを解放してあげたい!」と言いながら、ファンへのサインや写真撮影に神対応していた。

一方、プレミアを華やかに盛り上げるべく、セクシーなドレスに身を包んだノオミだったが、あまりの寒さにギブアップ寸前? その様子に気づいたジョエルが、自分が来ていたジャケットを脱いで、ノオミに着せてあげるという紳士的な対応を見せた。そんな2人のやりとりに、ウィルも負けじと自分のジャケットを脱ごうとしたが、その仕草は偶然にも“斎藤さんだぞ!”ポーズにそっくりだった。

Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミアウィル“斎藤さんだぞ!”ポーズに…

■ジョエル「特殊メイクよりウィルとの演技が…」


人間と様々な種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台のアクション超大作。異なる種族の警察コンビ、人間のウォード(ウィル)と怪物オークのジャコビー(ジョエル)が、巡回中に謎の少女と“魔法の杖”に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていく。

ウィル・スミス&ノオミ・ラパス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミアウィル・スミス&ノオミ・ラパス&ジョエル・エドガートン
ウィルは「この世界はエルフが最上位で、オークは社会の底辺。人間はその中間なんだ。僕が演じるウォードも、最初はオークに対して偏見を持っているんだけど、次第に友情を育んでいく。ユニークなバディ映画だよ」とアピール。3時間の特殊メイクで、オークになりきるジョエルは「特殊メイクより、ウィルを相手に演技するのが大変だよ!」と笑いを誘った。

また、2人を窮地に陥れるエルフを演じるノオミは、「エルフらしい滑らかな動きを意識した。格闘シーンは大変だったけど、ウィルがいろいろフォローしてくれた」と回想。ウィルとは『スーサイド・スクワッド』でもタッグを組んだエアー監督は、「魔法が存在する不思議な世界が舞台で、アクションやユーモアもたっぷり。Netflix史上最大規模の作品で、監督を務めることができて光栄」と話していた。

Netflixオリジナル映画『ブライト』ジャパンプレミア
Netflixオリジナル映画『ブライト』は12月22日(金)より「Netflix」にて全世界同時オンラインストリーミング開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top