磯村勇斗、今年の漢字は“進化”の「進」!「ひよっこ」から「羽が生えてやっと歩けるように」

今年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロイン・有村架純の相手役ヒデを好演し、一躍人気者となった若手俳優・磯村勇斗が、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信を記念したスぺシャルトーク付き試写会に登壇した。

最新ニュース

『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • 『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
今年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロイン・有村架純の相手役ヒデを好演し、一躍人気者となった若手俳優・磯村勇斗が、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信を記念したスぺシャルトーク付き試写会に登壇した。

>>『ダンケルク』あらすじ&キャストはこちらから

この日、東京・スペースFS汐留にて行われた試写会には、ノーラン監督の大ファンという磯村さんとMCの映画コメンテーター・有村昆が登壇。まず、有村さんは今年400本以上観た映画作品の中で、本作が文句なしの2017年ナンバーワンと大絶賛。また、新鋭の英国若手俳優がメインキャストに大抜擢され話題を呼んだ本作にちなみ、「ひよっこ」への出演などで今年ブレイクした磯村さんが登場すると、会場は一気に熱気に包まれ、黄色い声優が飛び交うなど、その人気ぶりをみせつけた。

世界でもっとも次回作を期待される天才、クリストファー・ノーラン監督が初めて実話に挑んだ緊迫のサバイバル・アクションとなる本作。世界60か国以上で初登場第1位を獲得し、日本でも週末興行ランキングで初登場&2週連続第1位の大ヒットを記録。国内外の批評家・観客からの高い評価を集め、本年度アカデミー賞最有力と注目を集めている。

そんなノーラン監督の大ファンという磯村さんは、本作を観た感想をきかれると「音からもスリルが伝わってきて、戦場に降り立ったような恐怖を不協和音でうまく表現していて、観るだけではなく、体験できる作品! あと実写をこだわり抜いているところや、時系列も上手く計算された撮影方法は、さすがノーラン!」と熱弁。

『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
さらに、「ノーランのように実写でしか映像に現れない演出や感動がある」と監督のこだわりを絶賛する有村さんから、「ノーランから声がかかったら、俳優としてはテンションあがる? 全部実写でやらなきゃいけないけど(笑)」と問われた磯村さん。「絶対テンションあがります!」と興奮気味に話し、「ブルーバックで演技したこともあるけれど、自分自身で画をイメージしなければいけないのでかなり難しいんです。でも実際の環境で演じることでリアルな表情や演技につながるので、役者としてはノーランのような手法はやりやすいと思う」と俳優ならではの視点で語ってくれた。

また本作では、フィン・ホワイドヘッド、ハリー・スタイルズなど演技経験の少ない若手俳優が抜擢されていることについて、磯村さんはまったく感じなかったといい、そんな彼らを「兵士にみえるように演出するノーラン監督は本当にすごいですね」とノーランの演出方法も絶賛した。

そして、今年大活躍となった磯村さんは、2017年をふり返り「『ひよっこ』への出演で人生が大きく変わった。今年経験したことを2018年は活かして、より成長していきたい」と力強くコメント。「今年1年を漢字一文字で表すと?」と聞かれると「進化・進むの“進”!」と答え、「『ひよっこ』に出演したことでやっと、目次から1ページ進むことができた。『ひよっこ』にかけるとしたら羽が生えてやっと歩けるようになった感じですね」と嬉しそうに話した。

『ダンケルク』トークショー (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
最後に改めて「映画は観るスタンスだったけど、『ダンケルク』を通して、映画を体験することを知りました。ぜひ年末は『ダンケルク』という実話を知って、体験してもらい、そのスリルを味わってほしい」と、大ファンであるノーラン監督の渾身作をアピールしながらイベントを締めくくった。

『ダンケルク』のブルーレイ&DVDはリリース中、デジタルレンタル配信中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top