来日したソフィア・コッポラ、日本での映画撮影に意欲「長く滞在したい」

最新ニュース

ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • 草刈民代&ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • 草刈民代&ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • 草刈民代&ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • 草刈民代&ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
  • 草刈民代/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
ソフィア・コッポラ監督が来日を果たし、1月17日(水)に都内で行われた最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会に出席した。映画のPR来日は前作『ブリングリング』以来、4年3か月ぶり。「日本は大好きな場所の1つ」と笑みを浮かべた。

「子どもの頃から日本には何度も来ていますし、伝統や文化にも興味があります」と語るコッポラ監督といえば、アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞した『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)を日本で撮影したことで知られており、「次回作のプランは未定だけど、いつか大好きな日本にまた長く滞在したい」と日本ロケにも意欲を見せていた。

■女性監督の活躍に喜び「女性視点の映画がたくさん生まれている」


そんなコッポラ監督の長編6作目となる本作は、過去作品のイメージを大きく覆す愛憎スリラー。ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレルらキャリア史上最も豪華なキャスティングが実現し、昨年、第70回カンヌ国際映画祭の監督賞を、女性として56年ぶりに受賞した。

「現在は数多くの女性監督が活躍している。女性視点の映画がたくさん生まれているし、それはとてもすばらしいこと」と喜びを語るコッポラ監督。本作も「スタッフもキャストもほぼ女性。男性のメインキャストは、コリンだけだった」といい、「珍しいことではあるけれど、そうした環境があるのは望ましいこと」と語った。

ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会

■常に意識するのは「誰もが共感できる人間性」


映画は南北戦争期のアメリカ南部を舞台に、世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女性たちと、彼女たちの前に現れた北軍の男性負傷兵が繰り広げる“情欲と嫉妬”のスリリングな密室群像劇。

「当時の時代背景や女性たちの価値観に興味があったし、より普遍的な意味で、いまも続く男女間の愛憎に満ちたパワーゲームを描いてみたかった。私は常に登場人物の目線になり、何を感じ、何を考えているのかと想像する。観客の皆さんにも同じ体験をしてもらうため、誰もが共感できる人間性を意識している」(コッポラ監督)。

■女優・草刈民代が語るソフィア・コッポラの魅力とは?


プレミア上映会には女優の草刈民代が駆けつけ、コッポラ監督に花束のプレゼント。

草刈民代&ソフィア・コッポラ監督/『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のプレミア上映会
本作について「時代や場所を問わず、男女の関係におけるシビアな面がテーマになっていると思う」と話し、「いつも登場人物がリアル。言葉による説明ではなく、シーンの積み重ねによって、ストーリーがものすごく伝わるのがコッポラ監督の個性だし、映像表現に対する強いこだわりも感じます」とその魅力を熱弁していた。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top