小瀧望「終わった感じがしない!」同世代集結の『プリンシパル』北海道ロケが名残惜しい

最新ニュース

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
いくえみ綾の大人気コミックを、黒島結菜と小瀧望(ジャニーズWEST)をW主演に迎え実写化する映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』。このたび、北海道で冬パートを2017年2~3月、夏パートを同6月に撮影した本作の現場の模様が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

全編北海道にて撮影が行われた本作。主人公・住友糸真(しま)役の黒島さん、“俺様系モテ男子”舘林弦(げん)役の小瀧さんに加え、“ゆるふわ系モテ男子”桜井和央(わお)役の高杉真宙、弦に密かに好意を抱く国重晴歌(はるか)役の川栄李奈ら、初共演となる同世代が集まった現場は、初めこそお互いぎこちなかったものの、撮影を通して劇中さながらの仲良しに! また、本作の山場である胸キュンシーンの誕生秘話も明らかになった。

■緊張しながらそれぞれがクランクイン! キャストが語る篠原哲雄監督の演出



『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

クランクインは、雪の降る2月の北海道・札幌。とある私立高校にて、糸真が転校してくる「札幌市立札恵高校」のシーンからスタート。2年4組のクラスメイトが勢揃いし、まるで実際のホームルームのようににぎやかながら、大きな学校でのロケとあって、スタッフたちが待機する廊下はやはり極寒!

最初のシーンは、転校生としてクラスメイトに紹介された糸真が弦と初めて出会う場面。弦に「そこは和央の席だ!」とすごまれた糸真が、「私はもうどこにも行けないの!」と返した言葉は、東京から引っ越してきた糸真の心の叫びでもあり、本作のテーマともなっている。

「監督自ら演じてみせてくれた」黒島結菜も感激


現場では、まず自分が演じて表現してくれるのが篠原監督。遠くまで聞こえる大きな声と笑顔が特長だ。3年前に篠原監督のワークショップで演技指導をしてもらった経験があるという黒島さんは、「監督自ら糸真役を演じてみせてくれたのには驚きました。現場ではこういう方なんだなって。監督の『本番!』っていう大きな声も好きです。『よしっ!』って気持ちが引き締まります」と嬉しそうに初日の思いを語る。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

小瀧望、監督の「熱い思いも感じました!」


また、少しでも早く役をつかもうと、篠原監督に演出指示を仰いでいたのは小瀧さん。原作の弦に近づくため、体型を絞って撮影に臨んだそうだが、「弦に近づこうとしているけど、ちゃんと近づけてるのか自分ではわからなくて。篠原監督にいろいろ聞いたんですが、できるようになるまで時間をかけてくださる監督なんだなって思いましたし、この映画への熱い思いも感じました!」と、緊張しながらも篠原監督への信頼は絶大。初主演ということに対しては気負っている様子はなく、「黒島さんと一緒なのもありますし、肩ひじ張らずにやらせていただいてます。スタッフさん、キャストの皆さん分け隔てなく話して現場の空気を作れたら」と意気込みを語っていた。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

川栄李奈「監督と話すことで生まれる新しい発見がある」


続いて、和央役の高杉さんもクランクイン。糸真が声をかけてきた和央に「はじめまして!」と大声で被せ気味に挨拶をするのだが、それには大きな理由がある…というシーン。1stシーンもスムーズに終了したが、篠原監督の指示が書き込まれた助監督の台本を覗き込む高杉さん。何か不安なのかと尋ねてみると、「弦と幼馴染っていう関係性をこの場で作らないといけないのが難しくて。でも最初に会った時と比べてどんどん望との距離は近くなっています」と笑顔で返答してくれた。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

また、川栄さんは「現場に来てからわかること、篠原監督と話すことで生まれる新しい発見があるんです。いろいろと話せる監督なので楽しいです」と、現場の雰囲気、監督やキャストとのコミュニケーションで役を作っていく楽しさを感じていた様子。


■北海道が恋しかった3か月間 高杉真宙「変な敬語を使っちゃいました」と人見知り!?


3月の冬パートの撮影を無事終え、約3か月経った6月半ば。札幌市郊外にある定山渓温泉のキャンプ場に、再び篠原組が集結。黒島さん、小瀧さん、高杉さん、川栄さんに加え、舘林弓役の谷村美月、金沢雄大役の市川知宏も加わり、メインキャラクターたちが集合しての夏キャンプのシーンの撮影が行われた。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
3か月も間があき、積み上げた関係性がまたゼロに戻ってしまうことを心配していたキャストたち。「望に、『そうっすよね』っていう変な敬語を使っちゃいました(笑)」と、再び人見知りを発揮してしまったことに高杉さんは自ら苦笑い。一方の小瀧さんは、「早く撮影に行きたい、早く北海道に“帰りたい”と思っていました」と、この3か月間、北海道が恋しくて仕方がなかった様子。そんな小瀧さんのムードメーカー的な明るさも手伝って、現場の空気は再び打ち解けていった。


キャストとスタッフが一丸となった名シーン完成の瞬間


そんな中、山の天気は途中から雨模様に。全員での日中のキャンプシーンは翌日に持ち越されることとなったが、夜の撮影は予定通りに決行。糸真がみんなのいる場所からはぐれてしまい、弦と和央が必死に探し回るというシーン。足をくじいて動けなくなってしまった糸真を見つけ出すのは、弦と和央のどちらなのか。きっと誰もが胸キュンになる、名シーン完成の瞬間となった。撮影は深夜まで続き、体が震えるほどの気温も下がる中、キャストとスタッフは一丸となって重要シーンの最高のカットのために粘り続けていた。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

笑顔でクランクアップ!またこのメンバーで札幌に


そして撮影最終日、弦の自宅がある設定の住宅街の坂道で糸真、弦、和央の登校シーンを撮影。天気は快晴、絶好のクランクアップ日和だ。ケンカをしながらの登校シーンを、最後のカットまで全力で演じる3人。「OK!」という篠原監督の大きな声が響き、全撮影が終了すると、「終わった感じがしない! また3か月後にはこのメンバーで札幌に集合しそう」と別れを惜しむ小瀧さんと、「むしろこの役を忘れちゃいけないって思います」とまだ役に浸っていたいと語る高杉さん。対照的に、「最高のロケーションで、気持ちよく演技ができました!」と清々しい笑顔を見せたヒロインの黒島さん。記念の集合写真を撮り、3人は満面の笑みで「お疲れさまでした!」と札幌を後にした。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』は3月3日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top