小瀧望、食事制限や肉体改造まで!本気の役作り秘話 『プリンシパル』

人気漫画家・いくえみ綾の「プリンシパル」を映画化した現在公開中の『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』。この度、本作で黒島結菜とW主演を務める「ジャニーズWEST」小瀧望が、役に向き合い続けた熱演エピソードが到着した。

映画
『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
  • 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
人気漫画家・いくえみ綾の「プリンシパル」を映画化した現在公開中の『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』。この度、本作で黒島結菜とW主演を務める「ジャニーズWEST」小瀧望が、役と向き合い続けた熱演エピソードが到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

「ジャニーズWEST」として活躍する中、「世界一難しい恋」「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」にも出演する小瀧さん。本作が映画初主演となる彼が本作で演じているのは、いくえみ作品でもトップの人気を誇るキャラクター、学校イチの人気者で幼なじみを大切にするけどいつも上から目線の“俺様系モテ男子”舘林弦。人気キャラを演じることに対し、プレッシャーを感じていたという小瀧さんは、役が決まってからは体重を落とし、撮影中も食事制限し本作に挑んだ。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
そんな入念な役作りを行った小瀧さんだが、撮影初日終了後「いっぱい弦のイメージをしているんですけど、正直なところ近づけているかどうかはわからなくて。今日はすごく疲れました」と感想を語った。また、「もっと自然体でいい」と篠原哲雄監督からアドバイスがあったが、その後監督はほとんど小瀧さんに芝居の注文をした覚えはないと語り、「声のトーンから彼の中でコントロールしていた。完璧に弦になっていたし、若者であそこまでできる人はなかなかいないと思いましたよ」と彼の演技を絶賛していたという。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
さらに、原作にないシーンでは弦だったらどういう表情をするだろう、と悩み考え「弦のムキになる性格は、ムキになりすぎないように。たまに見せる優しさは、優しく見えすぎないように」と微妙なバランスに気を付けるなど、誰よりも弦を想い役に没頭。撮影を終え、「弦を演じられて本当によかったなと思います」と小瀧さんは心の内を明かしている。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社 
また芝居の面だけではなく、撮影現場ではキャスト、スタッフ問わずあらゆる人たちと談笑し「みなさんちゃんとお昼食べてくださいね!」と座長として周りへの気配りも欠かさなかった小瀧さん。黒島さんや高杉真宙も「小瀧くんがみんなを引っ張ってくれた」「小瀧くんに守られている感があった」と現場を支えていたと語っている。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top