ザック・エフロン&ゼンデイヤ、“空中”デュエット公開『グレイテスト・ショーマン』

ヒュー・ジャックマンと『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがタッグを組み、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、ザック・エフロン、

映画
『グレイテスト・ショーマン』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『グレイテスト・ショーマン』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『グレイテスト・ショーマン』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『グレイテスト・ショーマン』オーストラリアプレミア(C)Getty Images
  • 『グレイテスト・ショーマン』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『グレイテスト・ショーマン』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • ゼンデイヤ/『グレイテスト・ショーマン』プレミア (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • ザック・エフロン/『グレイテスト・ショーマン』プレミア (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
ヒュー・ジャックマンと『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがタッグを組み、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、ザック・エフロン、キアラ・セトルらハリウッドを代表する豪華スターが共演するミュージカル・エンターテインメント作品『グレイテスト・ショーマン』。この度、ザックとゼンデイヤのロマンティックなデュエットシーンを映した映像が公開された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した映像は、ザック演じるフィリップとゼンデイヤ演じるアン、悲恋な2人が空中を舞い、愛を歌うロマンチックなデュエットシーン。この「Rewrite the Stars」のミュージカルシーン、ゼンデイヤはトレーニングに励み、空中ブランコのプロたちと何か月も協力して上半身と体幹を鍛え、恐怖をおさえる方法を学び挑んだそう。ザックは、「ゼンデイヤは空中ブランコがとても上手になっていたから、2人で空中のスタントをやり、ハーネスも使わずに空中ブランコに乗った。美しくユニークなシーンになったし、ある意味、シルク・ドゥ・ソレイユとシェイクスピアの組み合わせのようだと思っているよ」と話している。


ザック演じるフィリップは、上流階級の生活を捨てバーナム(ヒュー・ジャックマン)の弟子に、またゼンデイヤ演じるアンは、タブーを破るピンク色の髪をした空中ブランコ乗りで、フィリップが夢中になる女性だ。ゼンデイヤは、「アンとフィリップが、それぞれの皮膚の色のせいで、自分たちが望む形で愛し合えないのは痛ましいことよ」と、この切ないラブストーリーについて言及し、「彼らにできるのは視線を交わすことだけだった。愛は自分でコントロールできるものではないの」とコメント。

『グレイテスト・ショーマン』オーストラリアプレミア(C)Getty Images『グレイテスト・ショーマン』オーストラリアプレミア
そして『ラ・ラ・ランド』に引き続き、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞のW受賞を2年連続で果たすという快挙へ王手をかけているベンジ・パセックは、「これはフィリップが上流階級のルールを捨て去り、アンを追い求めようと決心した瞬間だ。彼は彼女に、“自分にはもうルールは存在しないから僕と一緒に夢を見てくれないか”と言う」とこのシーンが胸キュン必至であると明かしている。

『グレイテスト・ショーマン』は2月16日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top