二宮和也、4月ドラマで主演!初の外科医役でダークヒーローに「全力で行きます!」

「嵐」二宮和也が、4月スタートのTBS新日曜劇場「ブラックペアン」で主演を務めることが決定。

最新ニュース
「嵐」二宮和也が、4月スタートのTBS新日曜劇場「ブラックペアン」で主演を務めることが決定。二宮さんが日曜劇場で主演を務めるのは初めてとなり、同局の連続ドラマに出演するのは、2008年の「流星の絆」以来10年ぶりとなる。

■原作は「チーム・バチスタの栄光」の原点


ドラマの原作は、海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。日本の医療問題をエンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂氏が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点であり、シリーズ累計115万部を突破している人気作だ(2月1日現在)。

■二宮和也、“オペ室の悪魔”に


今作で二宮さんが演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生み、同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”だ。

物語は、そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか、この技術導入に裏はないのか? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。

そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマ。

さらに、渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。

■コメント到着「感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」


今回初の外科医役に挑戦する二宮さんは、すでに事前勉強を始めているそうで「指導の先生に付きっきりで『いま、目の前で起こっていること』の説明を伺いながら、先日、心臓の手術を見学させて頂きました。初めて見る世界だったので、緊張しました」とコメント。キャラクターについては「僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います」と話し、「毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」「日曜日は家族揃って過ごすイメージなので、そういう日の最後の締めになれるように頑張りたいです」と意気込みを語っている。

またプロデューサーは、「主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ『赤めだか』でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました」とキャスティング理由について明かし、「今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います」と自信を見せている。

日曜劇場「ブラックペアン」は4月期、毎週日曜日21時~TBSにて放送予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top