ゆうばり映画祭2018、『ジュマンジ』がオープニング招待作品に!

今年で28回目を迎える「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2018」が、3月15日(木)~19日(月)までの5日間で開催。この度、本映画祭のラインナップ記者会見が行われ、今期の各部門上映作品などが発表された。

最新ニュース スクープ
今年で28回目を迎える「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2018」が、3月15日(木)~19日(月)までの5日間で開催。この度、本映画祭のラインナップ記者会見が行われ、今期の各部門上映作品などが発表された。

まずオープニング招待作品は、ドウェイン・ジョンソン主演の話題作『ジュマンジ/ウエルカム・トゥ・ジャングル』に決定! 先日急遽、日本でのIMAX上映も決定し、世界的大ヒットを記録しているいま最も勢いのある話題作だ。

そして、インド映画の世界興収No.1を打ち立てた、感動の実話を基に描く『ダンガル きっと、つよくなる』。さらに、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン主演『モリーズ・ゲーム』、エマ・ストーン出演の『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(原題)が、日本最速上映。ほかにも、世界を席巻した三船敏郎の波乱に満ちた生涯と映画人生に迫るドキュメンタリー映画『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』の上映と合わせて、代表作『羅生門』も「三船敏郎レトロスペクティブ上映」と題して上映される。

『ジュマンジ/ウエルカム・トゥ・ジャングル』
また、映画祭の中で毎年業界内外から注目を集める、コンペティション部門の審査員もこのほど決定。大賞となるファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門では、審査委員長に『感染列島』『64 -ロクヨン-前編/後編』の瀬々敬久監督が就任。瀬々監督は、「いつだって僕らは新しい才能を目撃したいし、応援したいのです。世界に風穴をあけるような映画をいまから期待しています」とコメントを寄せている。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2018」
そして、女優・瀧内公美、入江悠監督(『SR サイタマノラッパー』)、キム・ボンソク(映画評論家)、アレックス・ツァールテン(映画研究家)が審査員に決定。加えて、毎年多彩な作品が集まるインターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門では、次世代のアニメーション監督の秦俊子やイシグロキョウヘイ、大森立嗣監督(『さよなら渓谷』)が審査員として参加する。

なお、全114作品の上映、企画、イベントの実施を予定しているという本映画祭。今年度のコンペティション部門応募数は、オフシアター・コンペティション部門で456作品、ショートフィルム・コンペティション部門で339作品。この中からノミネート作品としてオフ上映作品は9作品、ショート上映作品は20作品が選出されており、映画祭期間中の厳選なる審査を経て、クロージングセレモニーでグランプリ、そのほか受賞作品が発表される。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2018」は3月15日(木)~19日(月)の期間で開催。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top