齊藤工監督、同世代俳優・高橋一生の発言に「かっこいい…」と羨望の眼差し

最新ニュース

高橋一生&齊藤工監督/『blank13』初日舞台挨拶
  • 高橋一生&齊藤工監督/『blank13』初日舞台挨拶
  • 高橋一生/『blank13』初日舞台挨拶
  • リリー・フランキー/『blank13』初日舞台挨拶
  • 神野三鈴/『blank13』初日舞台挨拶
  • 高橋一生&齊藤工監督/『blank13』初日舞台挨拶
  • 齊藤工監督/『blank13』初日舞台挨拶
  • 『blank13』初日舞台挨拶
  • 高橋一生/『blank13』初日舞台挨拶
齊藤工による長編初監督作『blank13』初日舞台挨拶が2月3日(土)、シネマート新宿にて行われ、齊藤監督とともに、出演する高橋一生、神野三鈴、リリー・フランキーが登壇した。節分の日に行われたイベントとあって、「今年こそ呼び込みたい福」を尋ねられた登壇陣。高橋さんが空白(blank)のフリップを出し、「ない、ブランクです。今年こそっていままで不幸みたいですし、ここに立たせていただいていることが、もう福を招いちゃっているので」ときっぱりと言い切ると、齊藤監督は「かっこいい…」と羨望の眼差しを送り、フリップを出そうとしていたリリーさんも「アホみたいに書いた…」と高橋さんの格好よさを讃えていた。

『blank13』は放送作家・はしもとこうじの実話に基づく、ある家族の物語。突然失踪し、13年間行方不明だったコウジ(高橋さん)の父親(リリーさん)が、余命3か月になったときに見つかる。結局、家族との溝が埋まらないまま亡くなった父だったが、葬儀当日の参列者が語る彼のエピソードで、家族の誰も知らなかった真実とともに、それまでの空白が埋まっていく。

■高橋一生「工さんは信頼して見守ってくれる」



『blank13』初日舞台挨拶
キャスティングについて、齊藤監督は「偶然なんですが、(登壇の)皆さまは“初めまして”なんです」と意外な事実を吐露。「一方的にだいぶ前から心を動かされていて、一種の恋心を抱いている好きな方たちに、半分やけくそで声をかけさせていただいた」と照れながら答えた。

高橋一生/『blank13』初日舞台挨拶
そんな齊藤監督とは普段、俳優として同業者の高橋さんだが、「謙遜していたけど、監督をされることはとても難しいことだと思う。工さんは信頼して見守ってくださっていてうれしかったですし、僕は途中から工さんを監督さんとして認識していたので、とても心強い人がそばにいてくれてありがたかったです」と絶大なる信頼と感謝を寄せた。

■齊藤監督「ぜひ受け止めてほしい」



齊藤工監督/『blank13』初日舞台挨拶
本作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のゆうばりファンタランド大賞受賞をはじめ、世界の映画祭で6冠を獲得という快挙を成し遂げている。各地の反響を肌で感じたという齊藤監督は、「とある映画祭では最初、内容について突っ込んでいるマダムがいて手厳しいと思っていたんですけど、進むにつれて空間の空気が変わっていくのを肌で感じました。映画が終わって、その方が涙を流して“これは私の物語だ、何でわかるんだ”と僕をハグしてくれた。いただいたどんな賞よりも重くうれしい出来事でした」と感動を伝え、「ぜひ受け止めてほしいです」と観客に呼びかけていた。

『blank13』はシネマート新宿にて公開中、2月24日(土)より全国にて順次公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top