宮野真守、エルヴィス・プレスリーに!「自分でも爆笑」『ボス・ベイビー』

映画

『ボス・ベイビー』(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 『ボス・ベイビー』(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 宮野真守
  • 『ボス・ベイビー』(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 『ボス・ベイビー』 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 『ボス・ベイビー』 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 『ボス・ベイビー』 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 『ボス・ベイビー』 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一らが日本語吹き替えキャストを務めることでも話題の『ボス・ベイビー』。すでに、宮野さんは大人になったティム役を務めることが発表されていたが、実はもうひと役“あるキャラクター”を演じていることがこのほど明らかに。あわせてそのキャラクターが登場する本編映像も到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

到着した映像は、アメリカが生んだ20世紀を代表するロックスターであるエルヴィス・プレスリーに扮した男たちが、次々とチケットを差し出し、ラスベガス行きの飛行機の搭乗口へと入っていく様子が映し出される。するとそこに、エルヴィスに扮してはいるものの、なにやら怪しげな風貌の男が。チケットの提示を求められ「盗まれた!」と訴えかけるものの怪しまれたため、隙をついて強行突破。実はその怪しげな男の正体は、ボス・ベイビーとティムだった――。


今回、何十人ものエルヴィスに扮した男たちが登場するという本作。その全てを演じているのが、実は宮野さんだということが今回判明! 「DEATH NOTE」「うたの☆プリンスさまっ♪」など様々な人気作でメインキャラクターを演じ、『怪盗グルー』シリーズや『SING/シング』など海外のアニメ作品の吹き替えも多数担当する宮野さん。

宮野真守
この役を演じるにあたって、「監督サイドからの『実際のエルヴィスは、実はこうだった』という演出のもと、あの喋り方になりました」と明かし、自身も出演シーンを見たと言う宮野さんは、「自分でも爆笑してしまいました(笑)是非、皆様にも思いっきり楽しんで欲しいです!」とコメントしている。

『ボス・ベイビー』は3月21日(水・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top