草なぎ剛、監督・太田光との固い絆を明かす『光へ、航る』現場レポ

4月6日(金)に2週間限定全国公開される、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛のファンサイト「新しい地図」が製作するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の一編、『光へ、航る』の撮影現場が2月中旬に公開された

最新ニュース
太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
  • 太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
  • 草なぎ剛&尾野真千子&太田光監督/『光へ、航る』現場取材
  • 太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
  • 太田光監督/『光へ、航る』現場取材
  • 太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
  • 太田光監督/『光へ、航る』現場取材
  • 草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
  • 尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
4月6日(金)に2週間限定全国公開される、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛のファンサイト「新しい地図」が製作するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の一編、『光へ、航る』の撮影現場が2月中旬に公開された。

本作は、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が脚本と監督を務め、尾野真千子、草なぎ剛が夫婦役を務めるヒューマンストーリー。

■太田監督「日本映画史上に残るシーンが撮れた」


この日は、青天のもと、埼玉県内で撮影が行われ、公園で尾野さんと子役がキャッチボールをするシーンや、夫婦のクライマックスシーンが撮影された。太田監督と言えば、1991年にオムニバス映画『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』の一編を監督して以来、実に27年ぶりにメガホンをとることとなったが「素晴らしい天気に恵まれ、初日から日本映画史上に残るシーンがとれた。全米が泣くと思います」と冗談を交えて自画自賛。

草なぎ剛&尾野真千子&太田光監督/『光へ、航る』現場取材『光へ、航る』現場取材
尾野さんも「朝イチから笑顔あふれる現場で、作品の出来上がりが楽しみになりました」と笑顔を見せると、草なぎさんも「本当に楽しかったですし、尾野真千子さんという可愛い女性と、とても素敵なシーンが撮れました。さすが太田監督と思える演出でした」と絶賛する。

非常に注目度の高い本作だが、太田監督は「いつもは(相方の)田中(裕二)としかやっていないのですが、あいつは演技ができない。尾野さんはさすがで、打てば響くのがすごい」と脱帽すると「剛くんは、すごく昔から知っているし、本当に一緒にできて光栄です」と真顔で語る。

■太田監督と草なぎ剛の絆


そんな太田監督の言葉に草なぎさんは「僕は太田さんの記事をいまでも机に入れているんですよ」と切り出す。その発言に太田監督は「彼が謹慎中、すごくバッシングを受けていて、そのことに異議を唱えるコラムを書いたのですが、いまでもその記事を持ってくれているらしいんですよ」と二人の絆の深さを表すエピソードを披露すると「僕は映画監督が夢なので、剛くんが作品に出てくれて本当に嬉しい」と満面の笑みを浮かべていた。

太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材取材に応じる太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛
監督としての評価を聞かれた草なぎさんは「歌を書いてもらったり、本を書かれたりと芸術的なセンスがすごくある方だとは思っていましたが、リハーサルや撮影でお会いすると、普段のバラエティとは違って監督の顔なんです。これまで出会った監督さんのなかで、一番下手くそな絵コンテを見せてくれるなど、予想できない部分は多々ありますが、すごく良い映画ができる予感があります」と期待を述べると、尾野さんも「普通の映画監督とは違った世界観を持っている方」と語っていた。

太田光監督/『光へ、航る』現場取材太田光監督
また太田監督は「(草なぎさんにとって)新しいスタートとなる重要な作品に声をかけていただいて嬉しかった」と笑顔を見せると「脚本はブラックユーモアも織り交ぜながら伝えたいメッセージを込めました」と作品コンセプトを説明。草なぎさんも「起承転結がしっかりしていて、オムニバスではなくても成立している。『クソ野郎と美しき世界』というタイトルですが、クソ野郎な部分と、美しい部分がしっかり描かれていて、とても演じがいがあります」と意欲を見せていた。

■稲垣&香取に負けないように頑張りたい!


撮影はまだ始まったばかりだが、太田監督は「ちょっと撮っただけですが、演出するまでもなく、剛くんの表情がとても大人になっていて格好いい」と絶賛すると、尾野さんに対しても「子どもとのシーンはすごく上手にリードするのですが、剛くんとのシーンになると、少女の顔になるんです。こちらも演出の必要がないですね」と賞賛を贈る。

草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材草なぎ剛
期待を煽るような太田監督のコメントに、草なぎさんは「(稲垣)吾郎さんや(香取)慎吾ちゃんの作品もきっと素敵なものになりそうなので、いい意味で刺激し合いながら、負けないように頑張りたいですね」と気を引き締めると「『3人で映画をやれたらいいよね』と話していたので、それぞれの現場で頑張って、エピソード4で3人集まれるのが楽しみ」と、まだ全貌が明らかになっていない、エピソード4の『新しい詩』への期待に胸を膨らませていた。

「映画を撮るのが夢」と語っていた太田監督は「この映画は注目度が高く、良いか悪いかは別にして評価される対象になるだろうから『あんな奴に撮らせない』と言われないような作品にしたいです」と強い視線で抱負を述べた。

太田光監督&尾野真千子&草なぎ剛/『光へ、航る』現場取材
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top