窪塚洋介、17年ぶりNHK出演!ドキュメンタリーでナレーション担当

明日2月17日(土)放送の「ETV特集」では、「Reborn~再生を描く~」と題し、日本を代表するアボリジニの伝統楽器ディジュリドゥの奏者で画家のGOMAのドキュメンタリーを放送。今回の語りは、俳優・窪塚洋介が担当する。

最新ニュース
明日2月17日(土)放送の「ETV特集」では、「Reborn~再生を描く~」と題し、日本を代表するアボリジニの伝統楽器ディジュリドゥの奏者で画家のGOMAのドキュメンタリーを放送。今回の語りを務めるのは、NHKでの仕事が17年ぶりだという俳優・窪塚洋介が担当する。

8年前、交通事故で脳を損傷し、高次脳機能障害をおったGOMAさん。そして事故から2日後、全く造詣のなかった絵の才能が開花し、以来描かずにはいられない衝動に駆られ、脳裏に浮かび上がるイメージを点描画で表現してきた。

ETV特集「Reborn~再生を描く~」
自分の身にいったい何が起こったのか――。彼は去年、アメリカを旅しサヴァン症候群の研究者や同じ障害を負い音楽や数学の才能に目覚めた人物を訪ね、これからどう生きていけばいいのか人生を見つめた。そして再生をテーマに、手塚治虫の代表作「火の鳥」の新たな表現に挑んだ。今回GOMAさんは、最新の録音技術と演奏に生連動したCG技術を駆使し、これまでにないディジュリドゥの神秘的な音と映像のステージを実現させる。

窪塚洋介&GOMA/ETV特集「Reborn~再生を描く~」
ナレーションを担当した窪塚さんは、「ご縁のある“GOMAくん”のドキュメンタリーということで、快諾させて頂きました。収録しながら拝見させてもらいましたが、とても興味深く、また感動できる仕上がりで、ナレーションで参加させてもらえたこと、本当に光栄に思います」とコメント。なお、窪塚さん自身が出演しないナレーションのみの仕事としては今回が初となった。

ETV特集「Reborn~再生を描く~」は2月17日(土)23時~Eテレにて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top