香取慎吾、「久々に歌いたい」素直な胸の内を明かす

最新ニュース

中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
  • 山内ケンジ&中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
『光へ、航る』に続いて、4月6日(金)に2週間限定全国公開される、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛のファンサイト「新しい地図」が製作するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の一編『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』の撮影現場が2月初旬、公開された。

本作はCMディレクターで映画監督でもある山内ケンジが脚本&監督を務め、香取慎吾が本人役で、映画初出演となる小学生の中島セナが歌喰い役として登場するファンタジックなストーリー。

山内ケンジ&中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材

■「慎吾の部屋」の絵はすべて香取さん本人の絵を使用!


この日は、中島さん扮する歌を食べて生きる「歌喰い」が、香取さんと出会い、「慎吾の部屋」にやってきて、独創的な会話や歌喰いと香取さんがベッドで添い寝をするなど、不可思議な交流をはかるシーンが撮影された。「慎吾の部屋」は、都内某所のマンションの一室で撮影が行われたが、本人役ということで、置かれている多数の絵はすべて香取さん本人が描いたもの。色彩豊かでバラエティーに富んだ絵を見ているだけでも、作品のファンタジックな世界にいざなわれたような気分になる。

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
山内監督は「香取さんとは、2001年に、Smap Short Films『治療』でご一緒した縁があって、今回参加させていただきました」と語ると、香取さんは“香取慎吾役”での出演について「17年前の作品でも本人役だったので『えー』とはなりませんでした。普段からあまり役作りということを考えていない方なのですが、本人役ということで、いつも以上になにも考えずに臨みましたね」と笑顔を見せる。

主人公が香取慎吾という役柄になったことで、絵を描く設定も追加されたという。前述の通り、部屋にはカラフルな絵が多数置かれている。山内監督は「香取さんのアトリエに呼んでいただき、膨大な作品のなかから、なるべく多く使用したいと思い『いいな』と思うものを選ばせていただきました。とても面白い作品が多かった」と興奮気味に語ると、香取さんは山内監督の「100ぐらいあったかな?」という問いに「もうちょっと多いですかね」と答えていた。

■香取さんには断られるかと思っていた



香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
さらに山内監督は「歌喰いという企画はもともとの企画にあったのですが、歌を食べられるという部分をどうやって面白くしていくかと考えたとき、ファンタジックな要素が強すぎると興味がそがれてしまうかもしれないので、リアルな部分をどう混ぜていくかを意識しました」と本づくりで注意したことを述べると「香取さんには絵を借りなければいけないので、断られるかなと思っていたのですが、快く了承していただけたので、こうした素敵な企画を進めることができました」と感謝の意を示していた。

そんな山内監督の発言に香取さんは「早く映画館で観たいと思っていたのに、撮影がぜんぜん始まらないという状況がありました。応援してくださるみなさんから『撮影しているんですよね? 頑張ってください』とよく言われていたのですが、やっとこの間インスタグラムなどで『クランクインしました』と言えたくらいなんです」と撮影までさまざまなことがあったと語る。

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
それでも香取さんは「こうやって自分の絵が、(アトリエから出て)違う場所に置かれているのを見ると、こんなにも自分の絵というものは、そのときに描いた心に影響を受けているんだなということが実感できました。また絵を描きたくなりました」と創作意欲を掻き立てられたという。

■新星!中島セナの魅力


香取さんが出演していることで注目を集める本作だが、映画初出演となる中島さんの演技も大きな見どころの一つとなっている。

山内監督は「雑誌でお見かけして歌喰いのビジュアルにはいいのではと思いました。お会いしたらまったく笑わないんですよ。本当に素晴らしく、あてがきしたと思えるぐらいぴったりでした」と存在感に舌を巻く。

中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
香取さんも「僕が仕事を始めたのが同じぐらいだったので、現場では『つらいよね、早く帰ろうね』と声をかけています」と笑わせると「緊張していると思うのですが、現場でどっしりと構えているのはすごい。僕なんて常に嫌そうにしていたのに」と独特の表現で中島さんを賞賛していた。

そんな声に中島さんは、やや笑顔を見せると「歌を食べてしまというのが、どういうことなのか難しいなと思いましたが、あまりしゃべらない役なので、自分には合っているのかなと感じました」と役柄について語った。

■気持ち良く歌を歌い上げたいという思い



香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材
歌喰いに歌を食べられてしまうと、その歌を歌うことができなくなるというストーリーについて、香取さんは「昔からいる妖怪なのかと思うぐらい初めての感覚じゃないんですよね」と感想を述べると「歌は最近歌っていないですね…」とつぶやく。

昨年11月に放送されたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」で歌唱している香取さんの姿は映し出されていたが「あまり意識がないなか、必死に歌っていましたね。気持ち良く歌い上げるみたいなことは最近していないな…と。久々に歌いたいなという思いもあるんですよ」と素直な胸の内を明かす。

また、本作同様、草なぎ剛が出演する『光へ、航る』、稲垣吾郎が出演する『ピアニストを撃つな!』の撮影もスタートするが、香取さんは「台本を見させていただいたのですが、この作品とはまったく違う。僕らは楽しく現場が進んでいるのですが、二人の作品は現場がピリピリするぐらいストイックな感じになりそうなので、それを短期間で仕上げるとなると、二人ともぐったりするんじゃないかなと思うんです。でもその全部が合わさると良い1本になるんじゃないですかね」と期待に胸を膨らませていた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top