【海外ディズニー】大人気の“しゃべる”ミッキーとグリーティング、5月12日に終了か?

最新ニュース

「フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」(フロリダ州オーランド)のマジックキングダム・パークで大人気の“トーキング”ミッキーのグリーティングが、2018年5月12日(現地時間)に終了すると、ニュースメディアWDW News Todayが報じている。

この「ミート&グリート:ミッキーマウス」は、マジックキングダム・パークに入って右側に位置するタウンスクエア・シアターで実施しているミート&グリーティングのこと。“しゃべる”ミッキーは同地観光の目玉のひとつで、日本人ゲストが訪れると「シャシン、オネガイシマース!」などと日本語で話すこともあり、トーキングやマジシャンの愛称で大人気に。WDWのアイコン的な存在でもあったので、終了が本当であれば悲しいニュースだ。

「ミッキーのベリー・メリー・クリスマス・パーティー」
終了の要因についてはいくつかの理由があるとされ、技術的な問題やコスト面の問題、パーク内のほかのミッキーが話さないためゲストが混乱している、などの理由が出ている模様。なお、同記事によると12日以降も施設自体は残るようで、グリーティングそのものも継続するそうだが、次のゴールデンウィークが会い納めになる可能性が濃くなってきた。

As to Disney photos,logos,properties:(C)Disney

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショーの内容など異なる場合もあり得ます。

※紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。

(C) Disne
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top