【インタビュー】岩田剛典×斎藤工 触れ合って生まれた“化学反応”

中村文則の同名小説を映画化する『去年の冬、きみと別れ』は、岩田剛典と斎藤工の本格的共演作となった。

最新ニュース
岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
  • 岩田剛典『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
「工さんとご一緒できると知ってすぐ、『今度、楽しみですね』って言っちゃったんです。でも、工さんはそのときまだ共演のことを知らなくて…(笑)」というちょっとしたフライングで始まった両者の共演。中村文則の同名小説を映画化する『去年の冬、きみと別れ』は、岩田剛典と斎藤工の本格的共演作となった。「『HiGH&LOW』シリーズも共演という形にはなりますが、あのときは同じ空間でお芝居をすることがなかったので。嬉しかったですよ。すごくワクワクしました」と、フライングされた側の斎藤さんも微笑む。

岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
そんな始まりからも分かるように、2人はすでに気心の知れた仲。ただし、演じる役柄の関係性は複雑で、厄介だ。岩田さん演じる主人公の耶雲は、ある女性の焼死事件を追う記者。その犯人とおぼしき天才カメラマン、木原坂を斎藤さんが演じる。「怪しげな木原坂に、耶雲は振り回されてしまうんです。対立の図式が成り立ってくるんですよね」と岩田さんが語るように、真相に迫る耶雲と彼の追及を巧みにかわす木原坂の攻防が展開。そのため、撮影現場での2人は一定の距離を保っていたそうだ。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
「撮影現場での工さんは役にすごく入られている感じがあって。寡黙に、淡々と作品の世界にいる。だから、世間話などはそんなにしなかったです。僕の知る工さんではない。木原坂でしたね」と撮影時を振り返る岩田さん。一方の斎藤さんはこう語る。「台本の読み合わせをしたとき、岩田さんの根の部分に耶雲を感じたんです。覚悟というか、向かうべき場所を見つけた人の強さみたいなものが岩田さんにあった。僕はどの作品のときも『どうやって現場に入ったらいいのかな?』なんてことを考えがちなんですが、今回はなれ合うべきじゃないなと思いました。それぞれが個体でいた方がいい」。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
個体であったからこそ、触れ合って化学反応も生まれる。「工さんの木原坂と向き合うことで、耶雲の正解を実感できた気がします」と岩田さん。「この作品は瀧本(智行)監督の緻密な計算の上に成り立っていて、それぞれのキャラクターの強弱やコントラストも考えられている。そんな中、観客が耶雲目線で物語を体感することもあり、耶雲は常にフラットでいる必要がありました。でも、登場人物はみんな激しい人ばかり(笑)。だから、フラットと言ってもなかなか難しかったんですが、こうあればいいのかなというのを最初に教えてくれたのが工さんの木原坂です」。

岩田剛典『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
「これは映画を生ものにしていくために必要なことだと思うんですが」と、斎藤さんが続ける。「こう演じようと決め込むのではなく、相手が放ってくるに対してリアクションする。そうすることで、岩田さんと僕がキャスティングされた意味も見えてくると思ったんです。例えば今回の場合、耶雲と木原坂のシーンでは剣道の間合いのようなジリジリ感が自然と出た。それを瀧本監督がくみ取って下さったのも感じましたし、岩田さんの耶雲から放たれるものを受けて木原坂に生まれるものも多かったです。耶雲に反射してできたのが木原坂です」。

斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
2人の話の中に自然と名前の挙がった瀧本監督は撮影期間中、岩田さんの夢に出てくることもあったそう。それほど作品に集中していたのだろうが、「現場で怒られたり、指示を受けたりしている夢でした」と苦笑する岩田さんに対し、「いろんな場面に合いそうなお顔ですしね」と微妙なフォロー(?)を入れる斎藤さん。「僕の夢には出てきませんでしたが(笑)、気持ちはすごく分かります。監督と主演俳優のいい関係性ですよね。この映画って、世間が岩田さんに抱くイメージも含めた罠になっていると思うんです。映画を見た後に笑顔の岩田さんを見ると、いい意味でちょっとゾッとする。僕自身、映画に引き込まれるのは、普段は人に見せない心が見えたとき。綺麗な部分だけじゃなく、本音が映り込んでいるのを目にしたときに客観から主観になっていく。今回の岩田さんからそれを凄まじく感じましたし、瀧本監督の存在あってこそなんだろうなと思いました」。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
「工さんにそう言っていただけて、本当に嬉しいです」と恐縮する岩田さんも、パブリックイメージと役柄、さらには作品に関して思うところはあったという。「濃密な作品ですし、難しい役ですから。僕は役者1本で活動している身でもありませんし、こういった作品のこういった役にいまのタイミングで出会えたのがありがたかったです。最初は僕の中でも、この作品に出ている自分をイメージできなかったくらいで…。役者として見てもらえたのかなという喜びが湧く反面、自分に務まるのかという葛藤もありました。でも、殻を破って飛び込もうと思った決断は間違いじゃなかったと、いまはすごく思います」。

岩田剛典『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
こう力強く語る岩田さんの言葉に、大きく頷く斎藤さん。そんな斎藤さんは長編初監督作『blank13』が公開されたばかり。俳優・斎藤工ならぬ齊藤工監督に、もし自分の監督作で俳優・岩田剛典とタッグを組むとしたら? なる質問を最後に投げてみた。「見たかった岩田さんを(『去年の冬、きみと別れ』で)見たばかりだから難しいけど、木原坂みたいな役の岩田さんも見たいかな。あまり言葉も発さないような、怪しさと危うさを持っている役。もし一緒に作品を作れるようなことがあったら、企画段階からお互いに好きな映画の話をしたりしつつ、クリエイター同士としてコラボレートしたいです」。

では、そのときは斎藤さんが耶雲で! 岩田さんに振り回される斎藤さんも見てみたい。

岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

関連ニュース

特集

page top