ウェス・アンダーソンの日本愛たっぷり!『犬ヶ島』公開日決定&予告到着

先日開催された第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞し、日本の映画ファンのみならず、世界中から注目を集めるウェス・アンダーソン監督が贈る『犬ヶ島』。本作の日本公開日が5月25日(金)

映画
『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』 (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』ポスタービジュアル (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
先日開催された第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞し、日本の映画ファンのみならず、世界中から注目を集めるウェス・アンダーソン監督が贈る『犬ヶ島』。本作の日本公開日が5月25日(金)に決定し、日本オリジナル版本予告映像がお披露目された。

近未来の日本を舞台にしたストップモーション・アニメーションとなる本作。オスカー女優のフランシス・マクドーマンド、常連のビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートンらに加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストンらも集結。ベルリン国際映画祭には、日本からのボイスキャスト「RADWIMPS」野田洋次郎と夏木マリが駆けつけたことも話題となった。

架空都市“メガ崎”市から犬ヶ島へ!1人と5匹の冒険が始まる


今回解禁された待望の予告映像に映し出されているのは、ウェス・アンダーソン監督の独特の視点によってストップモーション・アニメーションで見事に描き出された近未来の日本。架空都市“メガ崎” 市という地名はもちろん、東京駅を彷彿とさせるドーム型の建物や下町風の商店街、相撲や和太鼓、浮世絵といった伝統的な日本のカルチャーが切り取られ、日本をこよなく愛するアンダーソン監督の熱烈な思い入れが見てとれる。


主人公の少年・小林アタリは捕われた愛犬スポッツを探すため、日本列島にあるメガ崎市から1人で小型機に乗り込み、ある島へと向かう。その島こそ、犬インフルエンザの蔓延により隔離された犬たちが暮らす犬ヶ島。アタリはそこで出会った5匹の犬たちともに壮大な旅へと足を踏み出すことに。言葉が通じないながらも、スポッツを探して少しずつ絆を深めていく1人と5匹。やがて、その冒険はメガ崎市の住人を巻き込み、「戦いです!」と大騒動へと発展していくことに。

果たして、少年アタリは無事、スポッツと再会することができるのか? 彼らの前に待ち受けるものは何なのか? 日本が舞台の“ワンダフル”・アドベンチャーに期待していて。

『犬ヶ島』は5月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top