緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」

最新ニュース

緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」
  • 緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」
  • 緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」
  • 緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」
  • 緒方恵美と西野亮廣、“クラウドファンディング”でモノ作り!「SWITCHインタビュー」
異なる分野で活躍する2人の“達人”が「仕事の極意」を語り合う「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」。その3月17日(土)今夜放送回は数々の人気作で活躍する声優の緒方恵美と、多方面で活躍するお笑い芸人の西野亮廣によるクロストークをお届けする。

本番組は番組の前半と後半でゲストとインタビュアーが“スイッチ”、語り合うなかでお互いを“発見”し合うクロスインタビュー形式の対談番組。


緒方さんはミュージカルなどでの活躍から声優へと転向。『幽★遊★白書』の蔵馬役でデビューすると、その“イケボ”で一気に人気声優となり、主人公・碇シンジ役を演じた「新世紀エヴァンゲリオン」が社会現象と呼べるほどの大ブームを巻き起こした。性別年齢問わず幅広い役柄をこなし、シリアスからコメディまでを演じられる確かな演技力を持ち、同時にラジオパーソナリティとしてもNHK「アニソン三昧」シリーズなどでそのトーク力を発揮。また音楽アーティストとしても確固たる地位を築いている。


一方の西野さんは99年、梶原雄太と「キングコング」を結成すると「はねるのトびら」で注目を集めるように。2005年には月9ドラマ「スローダンス」で俳優デビュー、その後特技の画力を生かした仕事にも進出、2009年には絵本作家としてのデビュー作「Dr.インクの星空キネマ」を刊行、2013年にはニューヨークで初の海外絵本絵画展を開催。また2016年に刊行された「えんとつ町のプペル」は絵本としては異例の大ヒットを記録したほか、無料でのWEB公開が大きな話題を呼ぶなど、その才能を各方面で発揮している。


今回は西野さんがアニメスタジオを訪問。1人で複数の役柄を演じる緒方さんが語る、姿勢や感情を微妙に変化させていくその“声優術”を聞き、“伝わる”声にしていく緒方さんの技に感動。緒方さんは西野さんが共同オーナーを務めるスナックへ赴く。

緒方さんと西野さんには“意外な共通点”がある。それは「クラウドファンディング」。緒方さんはCDを、西野さんは絵本を、それぞれクラウドファンディングで制作。緒方さんはタレントの枠を越え人を巻き込むエンターテインメントを築こうとする西野さんの思いに共感する。エンターテインメントの可能性を広げようとしていく2人が展開するトークの内容に注目だ。

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」は3月17日(土)22時~NHK Eテレで放送。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top