“ほぼ20代のチーム”で作り上げた『少女邂逅』香港国際映画祭で招待上映へ!

音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2017」にて観客賞を受賞した枝優花監督『少女邂逅』(英題:『Girls' Encounter』)が、第42回香港国際映画祭 I See It My Way部門に正式招待上映されることが決定し、海外版ポスタービジュアルと予告編

映画 邦画ニュース
『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
  • 『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2017」にて観客賞を受賞した枝優花監督『少女邂逅』(英題:『Girls' Encounter』)が、第42回香港国際映画祭 I See It My Way部門にて正式招待上映されることが決定し、海外版ポスタービジュアルと予告編が解禁。さらに日本では、6月30日(土)より全国順次公開されることも決まった。

■STORY


いじめをきっかけに声が出なくなったミユリ(保紫萌香)。自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友だちは、山の中で拾った“蚕”。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」――この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。

『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
だが、ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友だちを失ったミユリは絶望する。その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬(つむぎ)」という少女(モトーラ世理奈)が転校してきて…。

■香港国際映画祭にて正式招待上映へ


本作の招待上映が決まった第42回香港国際映画祭 I See It My Way部門には、松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』なども選出されており、インディーズ映画である本作のエントリーは異例ともいえる快挙。

また、国内では4月7日(土)加賀温泉郷フェス公式プレイベント、4月8日(日)高崎映画祭を経て、6月30日(土)より新宿武蔵野館を皮切りに、全国順次公開されることも決定。これに合わせて、枝優花監督、主演を務めた「ミスiD2016」グランプリの保紫萌香、「装苑」モデルのモトーラ世理奈のコメントも到着した。


■コメント全文


監督:枝優花


ほぼ20代という若いチームで作り上げた低予算自主映画が、香港国際映画祭や新宿武蔵野館を通して私たちの想像より遥かに多くのお客様に届くという事実に胸いっぱいです。改めて支えてくださった皆さまに感謝です。そして、もっともっとこの映画が多くの世界を旅できるように努めていけたらと思います。

『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

主演:保紫萌香


私たちの映画『少女邂逅』を、国内に留まらず多くの方々にお届けできること、本当に、本当に嬉しく思います。毎日、すべての体力と精神力を使い切り、全員で育てた大切な作品です。皆様に何を持って帰っていただけるのか楽しみです。そして、枝監督、私を見つけてくれてありがとう!

『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

主演:モトーラ世理奈


海外の映画祭で上映されてこの映画が世界に広がっていくことを非常に楽しみに思います。また、昨年の公開を終え、今年改めて新宿武蔵野館で上映されることが決まり私自身としても嬉しいです。夏休み直前のふわふわした空気とともに、ぜひ劇場に足を運んで頂きたいです。

『少女邂逅』 (C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
『少女邂逅』は6月30日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top