知念&中川&小松が大号泣!原作者のサプライズレターに感激『坂道のアポロン』

最新ニュース

『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
  • 『坂道のアポロン』(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
漫画家・小玉ユキによる「このマンガがすごい!2009オンナ編」の第1位に輝いたコミックを原作にした映画『坂道のアポロン』。3月19日(月)に、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて公開御礼舞台挨拶が行われ、主演の知念侑李、共演の中川大志、小松菜奈、三木孝浩監督が登壇、原作の小玉氏からの手紙がサプライズで読み上げられると、知念さんらが大粒の涙を見せた。

>>あらすじ&キャストはこちらから

知念侑李、山田涼介からのエールを報告!中川大志とお忍び鑑賞も


孤独な青年・西見薫(知念さん)が転校先の高校で、川渕千太郎(中川さん)、迎律子(小松菜奈)と出会い、人生を切り開いていく10年を描いた本作。映画単独初主演となった知念さんは、公開後に「Hey! Say! JUMP」メンバーの山田涼介から連絡があったことを明かし、「10分くらい電話で映画の感想を言ってくれた。次の日に同じ現場で会うのに…それだけ涼介の心に届いたんだと嬉しかった。いい映画と言ってくれて、微力ながらも宣伝すると話してくれた」と仲間の力強いエールを報告。

中川さんは六本木の映画館で本作を知念さんと“お忍び鑑賞”したそうで、「文化祭でのセッションシーンは聞いているだけで手がリズムを取ってしまって恥ずかしかったけれど、僕らの座席の列のお客さんたちも音楽に乗ってくれて、席が揺れていたんです。初めてお客さんと自分が出ている映画を観て、しかもリアクションを感じられて嬉しかった」と喜びをはじけさせた。

小松菜奈&監督は「どの世代にも響いた」ことを実感


また、両親が本作を鑑賞したという小松さんは、「お母さんが珍しく『観て良かった』と言ってくれた。素朴な恋や音楽から繋がる友情はどの世代にも響いたと思う」と、親世代にもアピールするものがあると納得した様子。

すると三木監督も、「SNS上では普段よりも50、60代の感想が多かった。最近の作品では珍しく上の世代に響いている感じが嬉しい。Twitterでは『GANTZ』などの漫画家・奥浩哉さんが褒めてくれた。あんなバイオレンスな作品を描く人が! と驚いた」と語り、幅広い層に響いていることを実感していた。

『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

「すべてに薫が宿っていた」の言葉に知念、涙止まらず「恥ずかしい」


そして舞台挨拶終盤には、原作者・小玉氏からの手紙が、監督・キャスト陣に完全サプライズで読み上げられた。知念さんは「すべてに薫が宿っていた。知念さんと薫が出会ってよかった」「撮影現場で演奏を見たときは本当に感動しました。これは大変な映画になるぞと思いました。演奏シーンは本当に素晴らしく、何度観ても鳥肌が立ち、拍手を送りたくなります」との絶賛メッセージを受け取ると、目を真っ赤にして大号泣。溢れる涙に「恥ずかしい」と客席に背を向けて涙をぬぐいながら、「小玉先生に一番喜んでいただけたのが嬉しくて、薫が僕でよかったと言ってくれてホッとした。…でも恥ずかしい、なんか…人前で泣かないって決めているので」と、男らしい泣き笑い。

小松菜奈、知念&中川の姿は「自然と優しく見守っていたいと思えた」


中川さんには「間違いなく川渕千太郎そのもの。なんていい役者さんに巡り会えたんだろうと感激しました」「心から音楽を楽しんでいる笑顔は、私が漫画で描きたかった千太郎の姿そのまま。涙が溢れました。最高の千太郎をありがとうございます」と感謝が伝えられ、涙、涙。「ありがたいお言葉をいただいて…。演じた千太郎に僕としてもう会えないと思うと寂しい部分がある」とキャラクターへの愛着をうかがわせた。

『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
一方、小松には「あまりにも美し過ぎるのでミスキャストではないかと思ったが、全て杞憂に終わりました。役衣装に身を包んだ小松さんを見たときに“律子だ!”と声をあげた」「私も律子が微笑めば表情が緩み、律子が涙を流せば一緒に泣いていた。実写版の律子にすっかり惚れてしまいました」との言葉が送られ、小松さんも感涙。「田舎の素朴な女の子という役柄を演じることに、自分も難しいと悩んでいたけれど、お2人(知念さんと中川さん)の姿を見ると自然と優しく見守っていたいと思えた。この現場にいられたことが幸せ」と出会いに感謝した。

『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

「最高の実写化」の賛辞に4人で涙の激アツハグ!


三木監督も小玉先生からの「これ以上ない、最高の実写化であり、一本の映画として素晴らしいものにしてくださいました。三木監督にお願いして良かったと心から思っています」との太鼓判に涙腺崩壊。知念さん、中川さん、小松さんに向けて「本当に頑張ってくれた!」と涙声で労うと、4人でガッシリと絆の激アツハグ。三木監督は「自分の人生の中にこの映画に携われたという時間があったのがまさに一生もの。この作品の出会いは最高の宝物です」と熱くコメントした。

『坂道のアポロン』公開御礼舞台挨拶 (C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
最後に知念さんは、「とても寂しくて終わらせたくない気持ちがあるけれど、上映のスケジュールとかあるので」と笑わせながら、「ここから映画がまた飛び立って、たくさんの方々の心に届いてほしい。そして一生ものの映画として心の中に残ってもらえれば」と語り、本作最後のPR舞台挨拶を締めくくっていた。

『坂道のアポロン』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top