その演技に胸が震える!今春“注目の子役”最新作『ラブレス』ほか3作

ロシア、アメリカ…数多の才能から見いだされた子役たちと、世界の名匠や鬼才監督がタッグを組んだ映画が、この春、続々公開される。

映画 洋画ニュース
『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
  • 『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
  • 『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
  • 『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
  • 『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
  • 『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • 『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • 『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • 『ワンダーストラック』 PHOTO : Mary Cybulski (C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
ロシア、アメリカ…数多の才能から見いだされた子役たちと、世界の名匠や鬼才監督がタッグを組んだ映画が、この春、続々公開される。

ロシアからは、かねてより子役の演出にも定評のあるアンドレイ・ズビャギンツェフ監督が大人の間に挟まれ、愛の結晶であるはずのわが子の失踪を起因として人間関係を鋭く描き出し、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『ラブレス』。また、『キャロル』の名匠トッド・ヘインズ監督は最新作『ワンダーストラック』で時代を越えた2人の子どもの絆を、『ウォールフラワー』のスティーブン・チョボスキー監督は『ワンダー 君は太陽』で生まれ持った個性を受け入れ認め合う姿を温かく見つめた。世界中の映画祭で話題をさらった、この3作品の子役たちの名演に注目した。

■マトヴェイ・ノヴィコフ/『ラブレス』4月7日(土)全国公開


失踪した息子を追う身勝手な両親が見つけるのは、本当の愛か、空虚な幸せか


初長編『父、帰る』(03)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、センセーショナルなデビューを果たしたズビャギンツェフ監督の最新作にして、最高傑作との呼び声が高い本作は緊張感が緩むことなく進んでいく不穏なサスペンス。

『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
それぞれすでに別のパートナーがおり、早く新しい生活を始めたいと苛立ちを募らせる離婚協議中の夫婦の元には、12歳になる息子のアレクセイがいた。自分をどちらが引きとるかについての口論を耳をふさぎながら聞いていたアレクセイは、ある朝、学校に出かけたまま行方不明になってしまう。彼らは自分たちの未来のために息子を探すが…。

『ラブレス』(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
ある夫婦の物語が軸としてある中で、出演シーンこそ少ないものの圧倒的な存在感を見せているのが、マトヴェイ・ノヴィコフ。大人たちの身勝手に涙するその姿をみた途端に、彼のその瞳に引き込まれ、ラストまで目が離せなくなるはず。そんな息子の行方を追う両親が、あまりにも大切な存在を見失って初めて見つけたものとは…? 映画史に残る慟哭のクライマックスは見逃せない。

■オークス・フェグリー&ミリセント・シモンズ/『ワンダーストラック』4月6日(金)全国公開


居場所をなくした子どもたちが勇気を出して踏み出す、人生という名のワンダーランド


『キャロル』『エデンより彼方に』のヘインズ監督の新境地であり、デヴィッド・ボウイの名曲にのせて奏でる物語。ベンはまだ見ぬ父に、ローズは憧れの女優に、それぞれの大切な人に会うためにニューヨークへ旅立つ。新たな一歩を踏み出した2人は謎の絆に引き寄せられながら、大停電の夜、自然博物館に迷い込む――。

『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
2つの時代を行き来する壮大な世界観の中、母親を亡くした少年と耳の聞こえない少女という、愛する人も居場所も失くした2人が初めてぶつかる人生の壁を懸命に越えようとする姿を描き出す。

『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
『ピートと秘密の友達』で天才子役の称号を手にしたオークス・フェグリーと、役柄と同様に自身も耳がきこえずオーディションでヘインズ監督をひと目ぼれさせたミリセント・シモンズが、それぞれ主人公の少年ベンと少女ローズを見事に演じている。いまなお壁にぶつかる大人たちに、人生のきらめきを取り戻す術を教えてくれる物語が誕生した。

『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski -(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

■ジェイコブ・トレンブレイ/『ワンダー 君は太陽』6月全国公開


10歳で初めて学校に行ったその日から、僕のワンダーな旅がはじまった――


全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説を、チョボスキー監督・脚本で映画化。それぞれの個性を尊重し、お互いを受け入れることをまっすぐに描いた心揺さぶるヒューマンドラマだ。

『ワンダー 君は太陽』(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたオギー(ジェイコブ)は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。クラスメイトと仲良くなりたいという彼の思いとは裏腹に、その外見から、奇異な目で眺められたり避けられたりするオギーだったが、彼の行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。

『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンと共に極限下の世界で生きた母子を演じ、世界中から注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイが、外見に生まれつきの障がいを抱える少年という難しい役どころを熱演する。

『ワンダー 君は太陽』(C) 2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top