『孤狼の血』続編は?東映がみせる役所広司ら命を賭けた男の熱き戦い

日本を代表する俳優・役所広司主演の『孤狼の血』が5月12日より公開された。生き残りを賭けて戦う男たちの生き様を描く本作の情報をおさらい!

映画 邦画ニュース
『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • (C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • (C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • (C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 竹野内豊、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子、白石和彌監督、阿部純子、中村倫也、ピエール瀧、音尾琢真、伊吹吾郎、柚月裕子(原作者)/映画「孤狼の血」完成披露試写会
  • 松坂桃李/『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
  • 松坂桃李/『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
日本を代表する俳優・役所広司が主演を務める『孤狼の血』が5月12日より公開された。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描く本作の情報をおさらい!

■原作は“警察小説 ×『仁義なき戦い』”と称された柚月裕子のベストセラー


2015年に発売され、瞬く間にベストセラーとなった柚月裕子の小説「孤狼の血」。醜悪なテーマを正統派のサスペンスに仕上げた「臨床真理」でデビューを飾り、同作で 「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。上川隆也主演でドラマ化もされた「検事の本懐」では第15回大藪春彦賞を受賞するなど、丁寧な筆致で人間の機微を描きだす、いま最も注目されるミステリー作家・柚月氏。その中でも「孤狼の血」は暴力団組織間の激しい抗争を描いている故、“警察小説 ×『仁義なき戦い』”と称され、「第69回日本推理作家協会賞」受賞、「本の雑誌が選ぶ2015年度ベスト10」第2位、「このミステリーがすごい!」(2016年度版)第3位、さらに「第154回直木賞」にノミネートされるなど高い評価を受けている。

柚月裕子著「孤狼の血」(角川書店)
映画化発表会見に登壇した柚月氏は「『仁義なき戦い』なくしてこの小説はありえなかった」と『仁義なき』シリーズを送り出した東映での映画化に感慨深げに語り、「活字でなくては成り立たないミステリーの部分、難しい表現が実現するのか?」と期待を口にしていた。

監督を務めるのは『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』と犯罪や警察内部の腐敗を扱った作品を送り出してきた白石和彌。「R15+」指定をつけ、「変なコンプライアンスを気にしたり、自主規制をせず、やれることを逃げずにやる」と誓いを立てていた監督。本作はコンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦となった。

白石和彌監督/『孤狼の血』製作発表会見

■あらすじ


物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着をうわさされる刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し――。

『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会

■気になるキャストは?


常軌を逸した捜査を行なう主人公・大上章吾役の役所広司と、大上とコンビを組む日岡秀一役の松坂桃李を始め、クラブのママ・高木里佳子に真木よう子、県警の監察官・嵯峨大輔に滝藤賢一、下部には所轄の刑事・土井秀雄に田口トモロヲ、暴力団・五十子会の組長・五十子正平に石橋蓮司、暴力団「尾谷組」の若頭・一之瀬守孝に江口洋介らが集結。

『孤狼の血』製作発表会見
そのほか、安芸新聞の記者・高坂隆文に中村獅童、全日本祖國救済同盟の代表・瀧井銀次にピエール瀧、加古村組の構成員・吉田滋に音尾琢真、尾谷組の構成員・永川恭二に中村倫也、暴力団五十子会若頭・野崎康介に竹野内豊が演じる。

■警察じゃけん、何してもええんじゃ――血湧き肉踊る予告編



『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
役所広司演じる大上の衝撃的なセリフから、耳にこびりつく怒号と銃声…。吼え、叫び、抗う。日本が誇る豪華キャストによる魂と魂のぶつかり合い! 命を賭けた男たちの熱き戦いが幕を開け、生き残るのは誰なのか。正義とは何なのか。喰うか喰われるかの世界で生きる男たちが描かれている。


■アングラな世界を生きる男たちは情熱的で色気さえ感じる…



『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会
「“血湧き肉踊る”映画」というコピーが表すように、怒号や銃声などが飛び交い、荒々しさが際立つ本作。映画公開決定から役所さん始め様々なビジュアルが公開されてきた。それぞれのキャラクターが内に秘めた静かな想いや、自身を奮い立たせているかのような真っすぐな視線…そんなビジュアルには“男の色気”さえも感じるのだ。

『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会

■松坂桃李、劇中で役所広司が使用する“あるもの”を貰って大興奮!


劇中では、役所さんが演じる大上刑事のzippoライターが登場するそうで、松坂さんは「今回、この作品で、役所さんのライターがあるのですが、それをもらったのです」とタキシードのポケットからzippoライターを取り出した。「まだ観ていない方はどういうことかはわからないと思うのですが、きっと観終わったときには、『うわあ、うらやましい』と思うような濃厚な関係性の中でやらせてもらえたことは僕の中では宝物でした」と役所さんとの共演に歓喜!

役所広司、松坂桃李/映画「孤狼の血」完成披露試写会
それを受け、役所さんも「今回はほとんど一緒のシーンが多かったので楽しかったです。共演者として頼もしい俳優さんで、素晴らしい俳優さんだと思いました」と共演を振り返りながら、松坂さんを絶賛した。

■ヒットすれば続編も? 白石監督が語る


先日行われた外国特派員協会会見では原作者・柚月氏と白石監督が参加。原作は3部作という点について、続編があるとしたら白石監督に監督してほしいか? という問いに柚月氏は「もちろんです」と即答。その言葉に白石監督も「柚月先生がこの原作を書いてくださったからこそこの映画ができましたし、『孤狼の血』がヒットしてくれれば是非続編も撮影したいと思います!」と話していた。

竹野内豊、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子、白石和彌監督、阿部純子、中村倫也、ピエール瀧、音尾琢真、伊吹吾郎、柚月裕子(原作者)/映画「孤狼の血」完成披露試写会
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top