中尾明慶&前田敦子がサプライズ登場! 「コンフィデンスマンJP」第7話

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演する月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。この度、5月21日(月)放送の第7話に、竜雷太、岡田義徳、桜井ユキ、中尾明慶、前田敦子らがゲスト出演することが明らかに。

最新ニュース
「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演する月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。この度、5月21日(月)放送の第7話に、竜雷太、岡田義徳、桜井ユキ、中尾明慶、前田敦子らがゲスト出演することが明らかに。あわせて、14日放送の第6話の場面写真「今週のダー子」も公開された。

長澤さん演じるダー子らが、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる様子を描いていく本作。第7話では、とある“経済ヤクザ”の資産をダー子らが狙う「家族編」が展開。今回ゲストで登場する竜雷太が演じるのが、そんな若いころは違法すれすれの株式操作で荒稼ぎした経済ヤクザで、現在闘病中の与論要造だ。

「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
ダー子とボクちゃん(東出さん)は、リチャード(小日向さん)の知り合いで服役中の矢島理花(佐津川愛美)が資産家の末娘…そう、与論の娘だと知る。理花は、与論が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしく、10歳のときに与論のもとを離れ、以来18年間一度も連絡を取っていなかったという。そこで、ダー子は理花に成りすまし、与論の10億円の資産を狙うことに。しかし、岡田義徳扮する理花の兄・祐弥、桜井ユキ扮する姉の弥栄は、突然現れたダー子に疑いの目を向け…というあらすじだ。

「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
「貴族探偵」以来の月9ドラマ出演となった竜さんは、「他人とでも楽しく生きられるものだということを教えてくれる、新しい“大人の童話”として演じさせてもらいました」と本作に参加した感想を語り、演じた役柄については「このおじさんはとっても好きですね(笑)。こんな生き方がいいですね。なかなかシャレたもんだと思いますよ。私自身、こういうおじさんに憧れます(笑)」とコメント。主演の長澤さんについては、「今回が初共演なのですが、彼女独特の“間”を持っていらっしゃるようで、とても魅力的だと思いました」と話している。

「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
また与論役の竜さん、与論の子どもたちを演じる岡田さん、桜井さんのほかにも、第7話では中尾明慶前田敦子がサプライズ出演! 一体どんな役どころで登場するのかは…放送をお楽しみに。

「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ
「コンフィデンスマンJP」(C)フジテレビ今週のダー子
「コンフィデンスマンJP」は毎週月曜日21時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top