ウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』を引っさげ13年ぶりの来日!日本愛を語りつくす

最新ニュース

『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」ウェス・アンダーソン監督
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」コーユー・ランキン
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」ジェフ・ゴールドブラム
  • 『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」野村訓市
日本を舞台に、離れ離れになった愛犬を探す少年と犬たちの旅と冒険をストップモーション・アニメで描いた『犬ヶ島』がまもなく公開される中、監督のウェス・アンダーソンほか主要キャストが来日し、トークイベントが実施された。

>>『犬ヶ島』あらすじ&キャストはこちら

5月21日(月)に実施された「公開記念スペシャル・ナイトイベント」に登場したのは、『ライフ・アクアティック』以来、約13年ぶりとなるウェス・アンダーソン監督ほか、本作でウェスに見初められ、主人公アタリの声を務めた美少年コーユー・ランキンや、ウェス組として数々の作品に参加してきたジェフ・ゴールドブラム、そして声の出演だけでなく、製作としても参加した野村訓市がトークイベントに参加した。

■念願の日本を舞台にしたウェス・アンダーソンの日本愛が炸裂


『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」ウェス・アンダーソン監督
本作の製作期間は、およそ6年。長い年月をかけて作られたが、実はインスペレーションが沸いたのはさらに前だとウェス監督は語る。「2004年にはじめて来日したとき、本当に日本が大好きになったよ。その時は絶対に日本を舞台に映画を撮りたいという気持ちで日本を離れたんだ」と初来日のときから日本に大きな影響を受けたとコメント。また「この映画の日本は、僕のイマジネーションで出来ていて、日本の文化や日本の方々、そして何より日本の映画に影響を受けている。日本人のみんなからすると慣れ親しまない部分もあるかもしれないけれど、とにかくみんなには楽しんで欲しいと思っているよ」と、自身の集大成ともいえる作品に熱いコメントを残した。

■日本人ボイスキャストはどのように決まっていった?


『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」野村訓市
「RADWIMPS」の野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリといった錚々たる日本人ボイスキャストも出演している本作。キャスティングした野村さんは「日本のキャストを集めるとき、どこかお互いを知っていて、監督と決めたキャラクターの年齢や背格好にマッチしていて、さらに、僕の言うことを聞いてくれそうな人を集めて声を掛けました(笑)」とお茶目にコメント。さらに「ウェスは秘密主義だから彼らに細かい情報を与えてあげられなくて、簡単な役と台詞だけ話してもらって、録音した音を毎回ウェスに聞いてもらいOKをもらうって感じでした」と収録の流れも告白。

「例えば、洋次郎は、ウェスに声を聞かせたら『彼はニュースキャスターだ』って言うんで、『君はニュースキャスターになった』って洋次郎の声を録り直したりもして(笑)映画を観てもわかりにくいかもしれませんが、この声は誰かなって見つけながら観るのも楽しいかなって思います」と明かした。

■完成した作品を見たキャスト陣は?


『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」ジェフ・ゴールドブラム
ジェフは当時のアフレコを「ウェスは6年この映画に関わったけど、僕がレコーディングに参加した時間は2時間だけ。しかも、監督はNYにいたからアフレコの演出も遠距離で演出されたんだよ(笑)」とユーモアたっぷりにコメント。そんなジェフを含めたキャスト陣たちが、完成した映画を観たのはベルリン国際映画祭のオープニング上映。ジェフは「僕はほかの犬たちとは一緒に収録ができなかったんだけど、映画を観たら、僕らの音やキャラクターがジグソーパズルのようにぴったりとはまっていて嬉しいショックを受けたんだ!」と圧倒された様子。

『犬ヶ島』「公開記念スペシャル・ナイトイベント」コーユー・ランキン
続けて、主人公に大抜擢されたコーユーも「2月のベルリンで初めて見たときは感動しました。ストップモーションと思えないくらい色や音もすごくて素晴らしいです」と太鼓判。また、自身のアフレコ収録をふり返って「ウェス監督はとっても優しくて落ち着いている人。僕は本当に緊張していて、アフレコも難しかったけど、落ち着いたウェスと過ごすと、僕も落ち着いた気持ちでアフレコすることができました」と、隣のウェスとアイコンタクトしながらコメント。苦労した点を聞かれると「全部です」と困った様子で即答し、その可愛らしさに会場は和やかな空気に包まれた。

最後にウェス監督は「日本が好きで作った映画だから、皆さんがこの作品を観て楽しんでくれれば本当に嬉しいな。日本の文化や日本の人々への敬愛を感じ取ってもらえれば幸せです」と、作品にあわせて、この場を皆で共有できたことを大いに喜んだ。

『犬ヶ島』は5月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top