小池徹平、長澤まさみにダマされる!卓球・平野美宇も初演技「コンフィデンスマンJP」第9話

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる「コンフィデンスマンJP」第9話のゲストとして、小池徹平と卓球選手の平野美宇が出演

最新ニュース
「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる「コンフィデンスマンJP」。このほど、6月4日(月)放送の第9話のゲストとして、小池徹平と卓球選手の平野美宇が出演することが分かった。

■小池徹平演じるスポーツ大好き、成り上がりIT社長が次のターゲット


第9話ゲストの小池徹平が演じるのは、人気アプリ「モスモス」の開発によって、億万長者となった若きIT社長・桂公彦(かつら・きみひこ)。桂は、大のスポーツ好きのようで、野球やサッカーなど、これまでさまざまなプロスポーツクラブを買収してきた。しかし、高額年俸選手の解雇や、コーチ陣の入れ替えなどを独断で行い、その横暴な現場介入ぶりからチームやファンとの衝突が絶えない。

「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
また、所属選手に対して「お前ら、俺の持ち物なんだよ」などの暴言を吐くことでも有名で、それによってチームが崩壊し、立て直しが困難になると放り出すことを繰り返している。今回は、ダー子たち(長澤さん)の仲間・ちょび髭(瀧川英次)が応援していたチームを桂にボロボロにされたと、ダー子たちに怒りまじりに訴え、彼らは桂を次のターゲットに定める。

最近、桂は卓球バーが行きつけという情報をつかんだダー子は、彼が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。ダー子は、有力選手・鴨井ミワ(平野美宇)が所属する強豪卓球チーム・東京ジェッツが、さらに強力な中国人選手の招聘に成功したというプランを思いつき、自分は元・中国ナショナルチームの楊珊珊(やん・しゃんしゃん)、ボクちゃん(東出さん)は張彬彬(ちゃん・びんびん)となって、桂に買収話を売り込む。

「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
しかし、なぜか桂は、この話には乗ってこない!? 情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているとのこと。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた素人外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム「熱海チーターズ」を結成する…!

「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ
この第9話「スポーツ編」には、小池さん以外にも、和田聰宏ら多くのゲストが出演。特に注目なのは、日本を代表する卓球選手の平野美宇(18歳)。今回がドラマ初出演で、演技初挑戦となる。また、今回、長澤さんはドラマ内でラップを披露するらしく、こちらも見逃せない!

「コンフィデンスマンJP」第9話 (C)フジテレビ

■小池徹平「ちょっと“こチャラい感”を出すように」


フジテレビの連続ドラマには「医龍4」(2014年1月クール)以来、4年ぶりの出演となる小池さんは「むちゃくちゃ久しぶりですよ(笑)」とうれしそう。脚本について「読みながら笑ってました(笑)。いい意味でけっこうふざけていて(笑)」と語り、「“月9”って最初に聞いたとき、恋愛っぽい話なのかなって思って読んでたら、全然違っていて。すごく気持ちのいい終わり方だし、読みやすいのに、とても読み応えがありました」とコメント。今回演じるのは、あらゆるプロチームを買収しまくるスポーツ好きのIT社長。「おそらく僕のイメージにあまりない役どころなので、“悪いヤツをやるんだな”ということで楽しみにしていただけたらと思います」と期待を込めてアピールする。

演じる桂公彦というキャラクターについては、「最初はずっと嫌なヤツに描かれてて、でも嫌なヤツだけで終わってしまうのではなく、なぜそうなってしまったのかということがちゃんと描かれています」と語り、「監督ともずっと話していたんですけど、頭がいい人に見せたいというのがあって、早口でしゃべったりとか、嫌なヤツなんだけど、それをあからさまには見せないで、雰囲気やしゃべり方などでそう感じさせるような役作りを意識しました」と言及、「普通すぎても面白くないので、ちょっと“こチャラい感”を出すようにしました」と、渾身の(?)役づくりを明かしている。

また、共演の長澤さんとはミュージカル「キャバレー」(2017年1月)以来、約1年ぶりの共演「何も変わらないですよ、あの子は(笑)。本当に取っつきやすいです。僕は現場にいる彼女がすごく好きで、いつもみんなのことを気にかけてくれて、空気がフワッと和らぐんですよ。芝居でも今回のダー子が扮するキャラはいい意味でふざけてくれているし、面白くてお芝居中に笑いそうになったりもしました。本当に相変わらずで、すごくやりやすい人ですね」と厚い信頼を寄せている様子だ。

■今夜放送の第8話は…長澤まさみvs“美のカリスマ”りょう


ターゲットは、元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)。以前、リチャードは福田ほのか(堀川杏美)が経営しているメンズエステ店に通っていた。だが、店を畳んでミカの会社に転職したほのかは、ミカから酷いパワハラを受け続けたことが原因で心身ともに病み、退職に追い込まれてしまったという。ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていた。

そのミカは、美容整形クリニックを開業後、「ミカアスレチック」「ミカフーズ」「ミカサロン」などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めた総合商社「ミカブランド」の代表。モデル時代に結婚、二児を設けるも離婚。事業で成功してからは育児もシッター任せにしていた。毎年、ミス・ミカブランドコンテストを主催していたが、一番目立っているのは優勝者ではなく審査委員長のミカ自身という出たがりぶり。リチャードは、ダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、ボクちゃんと2人で騙そうとするが、ミカはボクちゃんが考えた作戦には興味を示さない。そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランドのお家騒動を利用してミカに近づこうとするが…。

「コンフィデンスマンJP」第8話・今週のダー子 (C)フジテレビ「コンフィデンスマンJP」第8話・今週のダー子
「コンフィデンスマンJP」は毎週月曜日21時~フジテレビにて放送中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top