綾野剛ら12人のクセ者がハッタリ合戦!『パンク侍、斬られて候』本予告公開

町田康の同名小説が主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という最強の布陣で実写映画化される『パンク侍、斬られて候』。この度、クセの強いキャストが揃った本予告に感覚ピエロ書下ろしのエンディングテーマが起用され、併せて、本ポスターも解禁された。

映画
町田康の同名小説が主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という最強の布陣で実写映画化される『パンク侍、斬られて候』。この度、クセの強いキャストが揃った本予告に「感覚ピエロ」書き下ろしのエンディングテーマが起用され、併せて本ポスターも解禁された。

>>『パンク侍、斬られて候』あらすじ&キャストはこちら

公開された本予告編には、強烈な個性を放つ12人のクセ者たちの超破天荒な掛け合いと、壮大なハッタリ合戦が描かれている。多くの熱狂的なファンを持ち、社会現象級の作品を生み出す宮藤さんの脚本に乗せ、綾野さんをはじめとする超一級のキャストたちが我々のまだ見ぬ個性を大爆発させている。さらに映像の後半には、猿と人間による壮絶な大合戦シーンの一部が映し出される。この猿たちがどのような経緯で合戦に参加するのかは未だに謎だが、なんと最も多いシーンで1カットに1億匹の猿と人間3,000人が映り込んでいるという。


また、予告編の冒頭にかかる楽曲は、中毒性の高い独特の色気が唯一無二の世界観を生み出し、いま人気急上昇の「感覚ピエロ」の「夜のスピード」。この楽曲は本作のために新たに書き下ろされたオリジナルソングとなり、本作のエンディングを彩る。「感覚ピエロ」は、「正に文字通り“パンク”なエンターテイメントが生まれようとしている。その事実に胸が躍りました。エンドロールを観る人の心にきしんでいるカオスを、幻想的なサウンドとメロディで包み込むというテーマで黙々と情景を描いていく鍵盤と歌を軸に、余計な音は一切鳴らさずに、あえてバンドサウンドから離れたアプローチで制作しました」と熱い思いを語った。

『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送合わせて公開された本ポスターにも、豪華なキャスト陣が勢ぞろいし、それぞれが作中でどのように活躍していくか想像したくなる、ピンクをバックにしたパンクテイストに仕上がっている。

綾野さん演じる主人公の掛十之進さえも騙されるという予想外の展開、時代設定を超越した個性的なキャラクターたちによる破天荒な会話の応酬、そして猿1億匹vs人間3,000人の超絶バトルなど、見るもの全てを壮絶な混乱に陥れる強烈な映像を是非チェックして。

『パンク侍、斬られて候』は6月30日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top