石原さとみ「高嶺の花」主題歌はエルヴィス・プレスリー!「直球な究極のラブソング」

石原さとみが、華やかな世界に生きる、麗しい容姿と圧倒的な才能を持つヒロインを演じる「高嶺の花」が新水曜ドラマとして放送される中、この度、その主題歌にエルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー・テンダー』が起用されたことが明らかとなった。

最新ニュース
石原さとみ「高嶺の花」(C)NTV
  • 石原さとみ「高嶺の花」(C)NTV
  • 主題歌になったエルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」(c)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 石原さとみ「高嶺の花」(C)NTV
  • 石原さとみ「高嶺の花」(C)NTV
  • 「銀杏BOYZ」峯田和伸
石原さとみが、華やかな世界に生きる、麗しい容姿と圧倒的な才能を持つヒロインを演じる「高嶺の花」が新水曜ドラマとして放送される。この度、その主題歌にエルヴィス・プレスリーの「ラヴ・ミー・テンダー」が起用されたことが明らかとなった。エルヴィスの楽曲が主題歌として起用されるのは、日本で本作が初めてとなる。

■あらすじ


華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌・キャリア・財力・家柄、さらには圧倒的な才能まで、すべてを持ち合わせた女・月島もも。そのうえ、心から愛する男性と結ばれ、永遠の愛をも手に入れる――はずだった。しかし彼女を襲ったのは、婚約者の二股交際発覚、式当日の結婚破談という、高嶺の花にあるまじき最悪の事態。ももは一気に自信喪失、自我崩壊の大ピンチに陥る…! すべてを失った彼女の前に偶然あらわれたのは、美貌・キャリア・財力・家柄…なぁんにも持たない平凡な自転車店主・風間直人だった。「高嶺の花」と「地上の凡夫」。2人の間に横たわる 絶望的な格差! なのに2人は、まさかの恋 に落ちてしまう――。

主題歌になったエルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」(c)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
本作の脚本を担当する野島伸司は、「人間・失格~たとえば僕が死んだら」では「サイモン&ガーファンクル」の「冬の散歩道」を、「未成年」では「カーペンターズ」の「青春の輝き」など、自身が手がけた脚本作の多くに、思い出深い外国曲を主題歌に起用して、数々のヒットドラマを生み出してきたことで知られる。そんな野島氏によるドラマのイメージや世界観がリンクする主題歌のチョイスは、常に話題を呼んできた。「破天荒な一方で、ガラス細工のように繊細な心を持つヒロインに寄り添うラブストーリーです。エンターテインメントとして物語を癒すために、世界で一番甘いラブソングが必要でした。すぐに頭に浮かんだのが、この曲、『ラヴ・ミー・テンダー』です」と野島氏は語る。

石原さとみ「高嶺の花」(C)NTV
主演を務める石原さんも「野島さんの作品の主題歌はどれもものすごく印象的で、出演させて頂くとわかってから、ずっとずっと主題歌が気になっていました」とコメント。「全世界の人が知っている普遍的で直球な究極のラブソング、『ラヴ・ミー・テンダー』になると知り、震えました。切なく甘く脆くて重い、でも心から愛せる人がいるってなんて美しいんだ、と感じられる曲です」と感動をあらわにした。共演の峯田和伸は「あの曲がもつ静謐さ、エルヴィスの甘い歌声がそのまま直人のキャラクターに重なっていければいいなと思います。 『ラヴ・ミー・テンダー』が毎週水曜日の夜に流れる、そのことがとても嬉しいです」とこちらも喜びを隠せない様子だ。

水曜ドラマ「高嶺の花」は7月より毎週水曜日22時~日本テレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top