田中圭、水川あさみに捨てられて傷心!?「あげく男性に恋をする始末…」

最新ニュース

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」完成披露試写会
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」完成披露試写会
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」メイキング
  • 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
水川あさみがかつてない官能ドラマに初挑戦したWOWOW連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」。6月14日(木)、その第1話の完成披露試写会が行われ、水川さんと村上弘明、柳俊太郎、監督・御法川修が舞台挨拶に登壇した。

主人公の人気脚本家・奈津と同様、今年35歳を迎える水川さんが、“女性の性欲”を赤裸々に描き、文学賞をトリプル受賞した村山由佳の原作に挑んだ本作。水川さんが数々の官能シーンにひるむこともなく、女性の感傷と覚悟のさまを繊細に体現、惑いながらも本能に従い、欲求のままに生きる潔い女性とその人間模様に早くも話題騒然となっている。

柳俊太郎、ベッドシーンのため13キロ増量も「あまり期待しないで」!?


6月16日(土)の放送を直前にしたこの日の舞台挨拶で、まず水川さんは、出演が決まった当時について「官能的な役を演じるのは初めてで、女優としても節目の時期に、演じたことのない役に挑戦できたことは自分の中のモチベーションがあがりました」と吐露、「撮影は充実してたのですが、奈津を演じていると開放的な気分で心地よくなったり、家に帰ってもまだイライラしていたり、とても大変で難しい役でした」と体当たりで役に向き合った様子を見せた。

また、奈津が家を出るきっかけとなるカリスマ舞台演出家・志澤一狼太を演じた村上さんは、「“魔王”の異名をもつ役だったので、規制の概念を全部ぶち壊して自分の価値観を作り上げてく織田信長をイメージして演じました」と明かし、水川さんとの大胆な官能シーンについては「恐れずに言えば、“調教”した」と、横暴で脅威的な役柄とは打って変わって少し照れた表情でコメント。

一方、奈津に思いを寄せる新進俳優・大林一也を演じたのは、役柄同様に注目を集める柳さん。「ベッドシーンがあったので13キロ体重を増やしたのですが、衣装を着るときに『細っ』とスタッフに言われました(笑)なので、あまり期待しないでください」と、役作りへのストイックさとクールな外見とは裏腹に、お茶目なギャップを披露。そのベッドシーンについては「手の位置ひとつとっても話し合いながら撮影したので、アトラクションのようだった」と、水川さんと顔を見合わせながら話していた。

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」

田中圭からメッセージ到着も…「貴女に捨てられてから、男性に恋をする始末」


また、奈津の大学時代の元恋人・岩井良介を演じた田中圭と、夫・省吾を演じた眞島秀和からのメッセージが読まれる場面も。田中さんからは「僕は貴女に捨てられてから毎日、ボロボロで恋い焦がれて、あげく男性に恋をする始末です。責任取ってください」と、話題になった自身主演の「おっさんずラブ」に賭けたコメントで会場は大爆笑。「撮影現場でも明るく元気で頼もしかったし、いっつも笑ってるあさみちゃんが印象的でした!」と現場での水川さんの様子をコメントした。

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
眞島さんは「省吾役としては、かなり複雑な気持ちになる部分もありましたが。虚脱するようで、力強く、苦しくなるのに愛おしい作品だと思います」と作品への愛情を語るコメントが読まれた。そんな2人からのコメントに、水川さんは嬉しそうな表情を浮かべ、「眞島さんは何度も共演させていただいているので、省吾のようにうっとおしいですが(笑)作品を観てメールを送ってくれるくらい、私が奈津を演じることを楽しみにしてくださっていました」と、役者としての仲の良さを告白。

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」
しかし、田中さんからの「完全プライベートとはいえ、同じ焼肉屋さんで目の前を通ったあさみちゃんは、俺のことを一瞥もせずに通り過ぎて行きました。少し根に持っています」という言葉に対しては「その話を、人づてに3度聞いたので、よっぽど根に持っているみたいですね」と話し、会場からも笑いが起こった。

原作者・村山由佳がサプライズ登場!ドラマの出来に「嫉妬しました」


さらに、客席から原作者の村山さんがサプライズ登場。本作の続編が刊行される中、撮影現場にも立ち会った村山さんは「世界で一番(ドラマ化を)楽しみにしていたのは絶対私です! ラストのシーンは本当に美しくて、映像にも行間があるのだなと原作者として嫉妬しました」と今回のドラマ化を大絶賛。これを受けた御法川監督は涙を浮かべながらも、「誰もがもってる“寂しさ”を官能を通して気づいてもらえればなと、映像、それを包む音楽、ベッドのシーツの傷ひとつとっても、この作品の全てが心を震わせる効果になってほしいと思い作りました」と作品に対する思いを語った。

最後に水川さんも「官能の部分だけでなく、1人の女性が自分に正直に生きることで開放されていく姿が、人生の後押しになると嬉しい」と力強くアピールし、イベントは終了した。

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」は6月16日より毎週土曜日22時~WOWOWプライムにて放送(全5話、第1話無料放送)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top