織田裕二×吉田羊、夫の奇想天外な“終活”に感動…『ボクの妻と結婚してください。』地上波初放送

織田裕二が愛する家族の未来のため、吉田羊演じる妻の「最高の結婚相手」を探しだす『ボクの妻と結婚してください。』が6月19日(火)今夜、フジテレビ系で地上波初放送される。

最新ニュース スクープ
『ボクの妻と結婚してください。』(C)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
  • 『ボクの妻と結婚してください。』(C)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
  • 織田裕二&吉田羊&原田泰造&高島礼子/『ボクの妻と結婚してください。』
  • 『ボクの妻と結婚してください。』初日舞台挨拶
  • 『ボクの妻と結婚してください。』(C)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
織田裕二が愛する家族の未来のため、吉田羊演じる妻の「最高の結婚相手」を探しだす…。2016年に公開され大ヒットした感動作『ボクの妻と結婚してください。』が6月19日(火)今夜、フジテレビ系で地上波初放送される。

原作は樋口卓治による同名小説。斬新な設定と心温まる物語が支持され、世代を問わず究極の恋愛バイブルとなった原作を『阪急電車 片道15分の奇跡』や『レインツリーの国』などで知られる三宅喜重監督がメガホンを取って映画化した。

織田裕二&吉田羊&原田泰造&高島礼子/『ボクの妻と結婚してください。』
織田さんが余命宣告を受けるテレビ業界で働く敏腕放送作家、三村修治役で主演。吉田さんが修治の妻・三村彩子を演じるほか、修冶が妻の“結婚相手”として選んだ伊東正蔵には原田泰造、結婚相談所を経営する修治の良き理解者・知多かおりに高島礼子、そのほか込江海翔、森カンナ、眞島秀和、佐藤ありさ、前川泰之、大塚千弘、小堺一機、大杉漣といった実力派が顔をそろえた。

売れっ子放送作家の三村修治は末期のすい臓がんだと宣告される。余命6か月。1日でも長く延命し、家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方だが、どうも面白くない。放送作家として修治は家族に遺せる“最期の企画”を考える。

妻・彩子は専業主婦で小学生の息子・陽一郎を抱え、苦労するだろう…。気丈そうに見えて、もろいところがある。何とかして彼女を笑顔にしてあげられないか? そう考えていた修治が見かけたのは結婚相談所の看板…。

自分がいなくなっても妻が前を向いて進めるように「妻の結婚相手を探そう!」と、思いつく。

そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。さらに元仕事仲間の知多かおりが現在、結婚相談所の社長であると知り、なんとか協力を取りつけて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。

やがて現れる、奇跡のような相手・伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語がいま、始まる。

『ボクの妻と結婚してください。』は6月19日(火)フジテレビ系で21時~地上波初放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top