中川大志も“花晴れロス”! 最終回の決断に「天馬らしい」「惚れ直した」とファン号泣

6月26日(火)に最終回を迎えたTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演した中川大志が、最終回放送前にアメブロオフィシャルブログを更新。自らも“花晴れロス”を告白した

最新ニュース
6月26日(火)に最終回を迎えたTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演した中川大志が、最終回放送前にアメブロオフィシャルブログを更新。自らも“花晴れロス”を告白し、視聴者への感謝の思いや、杉咲花、平野紫耀(King&Prince)への思いを「花ちゃんの音ちゃんに心から感謝」「晴がしょうちゃんで良かった」と綴った。

大ヒットコミック「花より男子」の新章を原作とする同作は、伝説の4人組“F4”が卒業してから10年後、落ち目になった英徳学園を舞台にした痛快青春ラブストーリー。主人公の江戸川音役を連続ドラマ初主演の杉咲さん、神楽木晴役を平野さん、馳天馬役を中川さんがそれぞれ好演。最終回は、晴とメグリン(飯豊まりえ)を婚約させようとする晴の父・巌(滝藤賢一)により天馬の得意な武道3種目でのバトルが引き続き展開、晴vs天馬の弓道、そして剣道での対決が行われた。

■「会う人会う人に『天馬~』と言って貰える幸せ」


天馬役の中川さんが「ありがとうー花晴れ!」と題して更新したアメブロでは、「火曜日です。今週もやってきました。毎週遠いようであっという間にやってくる火曜日。『花のち晴れ』今夜最終回です」と綴り、「先日約4か月の撮影、無事にオールアップしました」とドラマの撮了を報告。

中川大志オフィシャルブログより
「本当に本当にハードな撮影の日々でしたが、そんな中、僕達が挫けずに頑張れたのは、このドラマを毎週楽しみに待っていてくれる視聴者の皆様の応援のお陰でした。僕も始まる前は想像もしなかったくらい大きな反響を頂きました。会う人会う人に『天馬~』と言って貰える幸せを日々噛み締めてここまで来ました」と視聴者やファンに感謝をコメントした。

そして、「最終回は、皆んながいろんな感情に逃げずに必死にぶつかり、もがいて答えを出そうとしています。ここまで3ヶ月ドラマを楽しみに応援して下さった皆様に胸を張ってお届け出来る最終回になったと思います。どうか最後の最後まで、皆んなを見届けてあげて下さい!」と呼びかけていた。

中川大志オフィシャルブログより

■「嫌だーー寂しいーー」“花晴れロス”を激白


続けて、「あぁーーー本当に本当に本当に本当に寂しい。今夜が終わったら本当に終わってしまう。嫌だーー寂しいーー。撮影クランクアップしてからの数日、完全に花晴れロスです…」と“花晴れロス”を告白し、「本当に最高のチームで、大好きでした。1分でも早く現場に着いて、皆んなに会いたいチームでした。花晴れチームの皆さんの顔を見ると、昨日の疲れなんてどこかに一瞬で吹き飛びました。このチームの誰か1人でもかけたら、このドラマは出来なかったと思います。本当にこの出会いに感謝です」と、作品とキャスト・スタッフへの思いを真摯に綴っていた。

中川大志オフィシャルブログより

■「僕も平野紫耀の持つ力に沢山嫉妬して、刺激されました」


また、演じた“馳天馬”というキャラクターについても、「天馬という役との出会いに感謝です。自分なりに必死にやってたら、僕の前にやってきてくれた天馬。いろんな方に導かれて、天馬という役に出会わせて頂きました。天馬という役は、僕がいままで出会った事ないような苦しくて、辛い感情も多い役でしたが、天馬にとってはきっと太陽のような存在の音ちゃんに照らされて沢山の幸せな時間を貰いました」と思いを明かす。

中川大志オフィシャルブログより
さらに、「音ちゃんが、花ちゃんじゃなかったら天馬はここまで来れなかったと思います。花ちゃんの音ちゃんに心から感謝です」、「天馬はいつだって、晴の存在に脅かされてました。そして僕も平野紫耀の持つ力に沢山嫉妬して、刺激されました。晴がしょうちゃんで良かった」と、音役を演じた杉咲さん、晴役を演じた平野さんに対しても心からの感謝をコメント。

最後にも「このドラマに関わったスタッフキャストの皆様、そして何よりテレビの前で応援して下さった視聴者の皆様、全ての方に感謝しております」と改めて感謝を述べ、共演者とのクランクアップ時の写真や「C5」濱田龍臣や鈴木仁、中田圭祐との仲睦まじいオフショットなどを多数公開、「あーまだまだやりたい!笑」と締めくくった。

中川大志オフィシャルブログより中川大志オフィシャルブログより
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
そんな中川さん演じる天馬が、最終回、「ありがとう、音。最後まで僕を選ぼうとしてくれて…」と音に別れを切り出し「行ってこい」と背中を押したシーンに対して、ファンからは「ラストは音ちゃんの背中を押してあげて天馬くんらしかった」「涙涙でした」「天馬くんの男前姿に感動した」「最後は潔く男らしくてマジカッコ良かった」「また一段と惚れ直しました、、、」「天馬くんの言葉…表情にグッときました!」「自分が背中をおされたみたい(笑)」と絶賛の声が止まらず。

ほかにも、「天馬くんが幸せになれますように!」「キュンキュンドキドキありがとう」「また天馬くんに会いたい」「花晴れロスになってます」「終わらないでほしかったぁー(笑)」「続編あると信じてます!」と、“花晴れロス”の声や続編を期待する声なども相次いでいる。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top