岡田将生「この役と心中したい」雲田はるこ原作「昭和元禄落語心中」がドラマ化!

雲田はるこによる「昭和元禄落語心中」が、NHKにて10月よりドラマ化されることが決定。岡田将生をはじめ、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎らが出演することが分かった。

最新ニュース
累計190万部を突破した雲田はるこによる「昭和元禄落語心中」が、NHKにて10月よりドラマ化されることが決定。岡田将生をはじめ、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎らが出演することが分かった。

昭和初期、落語の世界に入った八雲(岡田将生)は、同期入門の落語の天才・助六(山崎育三郎)と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉(大政絢)にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏(成海璃子)を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎(竜星涼)と共に、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。


本作は、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている、雲田氏による漫画が原作。2016年にはアニメ第1期が、翌年には第2期が放送。関智一、石田彰、山寺宏一、林原めぐみ、遊佐浩二ら豪華声優陣が集結したことでも注目を集めた。

そんな漫画・アニメ共に人気の「昭和元禄落語心中」が、今回ドラマ化されることが決定。連続テレビ小説「マッサン」の羽原大介が脚本を、映画監督のタナダユキらが演出を、そして音楽を村松崇継が担当し、戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー…と、濃厚にして豊穣なヒューマンドラマにしていくという。

今回ドラマでは、八雲役を岡田将生、与太郎役を竜星涼、小夏役を成海璃子、みよ吉役を大政絢、助六役を山崎育三郎が演じることが決定。

出演を迷ったと明かす岡田さんは、「生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品のために落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです」と理由を述べ、「しかし、僕が演じさせていただく八雲という人物に、どんどん興味が沸き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました」と出演を決意した経緯を語る。また、「今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください」とメッセージを寄せている。

NHKドラマ10「昭和元禄落語心中」は10月12日より毎週金曜日22時~NHK総合にて放送(連続10回)。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top